放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

188回 S.S.コロンビア号
「パナマ運河/パナマ」
【テーマポート:アメリカンウォーターフロント】
2009/12/27 OA

東京ディズニーシーの
アメリカンウォーターフロントに停泊する
S.S.コロンビア号は、20世紀初頭の豪華客船。
ダイニングルームの壁画には、船が、
パナマ運河を勇敢に突き進む姿が描かれています。
太平洋と大西洋を結ぶ、全長およそ80キロのパナマ運河。
年間1万隻以上の船が行き交います。
運河の水面は、海面と比べて最高で26メートルも高いので、
太平洋側と大西洋側に、それぞれ水門を設置。
水位を上げ下げして、階段を上り下りするように、
船を通過させます。
水門の幅は、32メートル。
この客船のように、パナマ運河を通航できるギリギリの
サイズに作られた船は、「パナマックス」と呼ばれます。
壁スレスレのところを通るので、ぶつからないよう、
両脇から電気機関車がサポート。
ちなみにこれ、日本製なんですって。
水門の展望台には、そのダイナミックな姿を一目見ようと、
多くの人が訪れます。
「どこから来たんですか?」「カナダよ」。
パナマ運河の旅は、およそ9時間。
そして船は、大海原へと進んでいきます。
ここは、世界の海をつなぐ、夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ