放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

313回 TDLジャングルクルーズ シュバイツァーのふるさと
【テーマランド:アドベンチャーランド】
2012/6/3 OA

東京ディズニーランドの「ジャングルクルーズ」は、
陽気なスキッパーの話を聞きながら、船でジャングルを探険。
目の前に見えてきた大きな滝は、「シュバイツァーの滝」です。
フランス東部の小さな町、カイゼルスベルグ
ここは、20世紀の初めにアフリカで活躍した医師、
アルベール・シュバイツァー博士のふるさとです。
1875年、彼は牧師の子として生まれました。
シュバイツァーが生まれた家は今、
彼を記念した博物館になっています。
30歳の時、「これからは世のために尽くそう」と決心し、
医学を学び始めました。
  
猛勉強の末、医師となり、アフリカに渡ったシュバイツァー。
現地の風土病と戦い、多くの命を救いました。
「博士は貧しい人からはお金を受け取りませんでした
 その代わりに魚釣りや草刈りなどをしてもらい診療したのです」
彼が持ち帰った、アフリカの思い出の品々。
ジャングルの人々に尽くし、「密林の聖者」と呼ばれた
シュバイツァー。
愛があふれる、ここは夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ