放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

348回 TDS フォートレス・エクスプロレーション
イギリスの航海者 フランシス・ドレーク
【テーマポート:メディテレーニアンハーバー】
2013/2/10 OA

東京ディズニーシー、フォートレス・エクスプロレーションには
大航海時代の冒険家たちの肖像画が飾られています。
フランシス・ドレークは、
イギリス人初の世界一周を成し遂げた英雄です。
イギリス西部の小さな町、タビストック。
ここは、フランシス・ドレークの生まれた町です。
牧師の子として生まれた彼は、
小さい頃から船乗りに憧れていました。
そして1577年、生まれた町にほど近いプリマスの港から、
帆船で、世界一周の航海に旅立ちます。
大西洋からマゼラン海峡を経て、太平洋へ。
そして、インド洋からアフリカを回り、再びイギリスへ。
2年10か月にも及ぶ、壮大な冒険でした。
世界一周を果たしたドレークは、
その後、プリマスの市長になり、故郷のために尽くします。
しかし、スペインとの戦いで、再び海に戻るのです。
「子どもたちは今もドレークの生涯について学びます。
 イギリス人にとって彼は永遠のヒーローなんです」
タビストックの通りには、今も彼の名が遺されています。
海に一生を捧げた男の、夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ