放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

385回 TDR 30周年「ザ・ハピネス・イヤー」
ウォルト・ディズニーの育った地
2013/11/3 OA

30周年の東京ディズニーリゾート。
ゲストにハピネスをお届け中!!
ディズニーギャラリーでは、
パークの30年を振り返る写真展が開かれています。
ウォルト・ディズニーが生み出した
ディズニーの仲間たちが、ハピネスを表現し続けています。
アメリカ、ミズーリ州の小さな町、マーセリン。
ウォルト・ディズニーが5歳から、およそ5年間過ごした場所です。
今でも、彼が当時住んでいた家などが残っています。
こちらは、ウォルト少年がよく遊んでいた
鉄道倉庫を改装したミュージアム。
彼の思い出の数々に触れることができます。
これは、実際に学校で使っていた机。
落書きのイニシャルもそのまま。
両親の50回目の結婚記念にプレゼントしたミッキーマウスの人形。
レトロなテレビは、アナハイムのディズニーランドのオープンに
来られなかった、妹・ルースに、
中継で見られるようにと贈ったそうです。
「このミュージアムにはウォルトと家族の思い出が沢山詰まっています。
 ウォルトが家族に宛てた手紙も残っているんですよ」
ウォルトの思い出が今も残る町。
ここは、夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ