放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

386回 TDR 30周年「ザ・ハピネス・イヤー」
ウォルト・ディズニーの育った地
2013/11/10 OA

30周年の東京ディズニーリゾート。
オープン以来、様々なエンターテイメントで
ゲストを楽しませてきました。
ウォルト・ディズニーの描いた夢が、
今も世界のディズニー・テーマパークに広がり続けているのです。
アメリカ、ミズーリ州、マーセリン。
ここは、ウォルトが5歳からおよそ5年間過ごした町。
いつも変わらぬこの町が大好きだったウォルトは、
引っ越してからも、この地に何度も足を運びました。
このミュージアムには、
ウォルトが町を訪れた時の足跡が残されています。
1956年に公開された、ウォルト製作の映画のポスター。
今も残る町のシアターでは、
当時マーセリン初の長い行列ができ、
そこへ現れた、ウォルトの姿を見た町の人々は大感激!
こちらは直筆の、マーセリンパーク計画の図面。
かつて一家で過ごした農場の跡地に、
パークを造りたいと思っていたそうです。
今は、当時の納屋が復元され、
壁や柱には、訪れた人からの熱いメッセージが。
「幼い時に一緒に過ごしたこの町が
 ウォルトに大きな影響を与えたなんて信じられません」
この地を愛し続けた、
ウォルトの夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ