放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

405回 TDL スーパードゥーパー・ジャンピンタイム
フランス・ギニョールの誕生編
【テーマランド:ウエスタンランド】
2014/3/23 OA

東京ディズニーランドの「スーパードゥーパー・ジャンピンタイム」は
元気なキッズのためのショー。
ミッキーマウスとディズニーの仲間たちが繰り広げるのは
パペットショーです。
フランス、リヨン。長い歴史を誇るこの町で、
19世紀初め、「ギニョール」という人形劇が誕生しました。
創ったのは、露天商人だったローラン・ムルゲ。
客寄せのために披露した人形劇が好評となり、
本格的に上演を始めたのです。
こちらは、ムルゲ家の人形が一堂に集められた博物館。
元々、ギニョールとは、主人公の名前。
作業服姿の彼が、どんな物語でも主役として登場していたので、
ムルゲの人形劇自体がそう呼ばれるようになりました。
主役を取り巻く様々な人物も登場し、
その数は400あまりになるそうです。
「当時ギニョールは風刺のきいた大人向けの人形劇でした。
 人気が出るにつれ 子ども向けの劇も創られてきたんです」
今も人々を楽しませる人形劇を生んだ、
ムルゲの、夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ