放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

439回 TDS 「アメリカンウォーターフロント」
靴みがきのイス 編
【テーマポート:アメリカンウォーターフロント】
2014/11/16 OA

ここは東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロント
このイスちょっと変わってるけど何に使われていたのかなぁ?
アメリカ、ニューヨーク。
この地が、世界経済の中心地としての歴史を歩み始めたのは、
1920年代初頭です。
アメリカは、空前の経済成長時代。
多くのビジネスマンで活気に溢れていました。
そんな時代を受けてビジネスマンに大人気だったのが、
靴みがきのサービス。
ピカピカの靴は、紳士のたしなみ。
足置きの付いた専用のイスも登場しました。
駅の地下街には今も、そのイスと職人さんの姿が。
世界経済を足元から支え続ける、熟練の技が光ります。
色褪せることのない、ニューヨークの風景。
「水が大切なんだ。靴に水分を与えて光らせるんだよ」
時間にして僅か5分。
くたびれた靴が瞬く間によみがえります。
「靴をみがいてもらうと、気分がすごく良いよ」
お客さん、大満足!!
これは靴みがきに使われていたイスだったんですね
変わり続けるニューヨークの片隅に佇む、変わらない場所。
ここは夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ