放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

489回 TDS フォートレス・エクスプロレーション
オーストリア・リンツ ヨハネス・ケプラー 編
【テーマポート:メディテレーニアンハーバー】
2015/11/8 OA

東京ディズニーシー、メディテレーニアンハーバーの
「フォートレス・エクスプロレーション」には
大航海時代の発明品が展示されています。
こちらは16世紀に作られた太陽系の模型。
ハンドルを回して太陽の周りの惑星を動かすことができるんです。
オーストリア北部の町、リンツ。
ここは、天文学者、ヨハネス・ケプラーゆかりの町。
ケプラーは、地動説をもとに、惑星の運動法則を発見し、
後の、天文学や物理学に大きな影響を与えた人物です。
町には、宇宙の研究に情熱を注いだケプラーの、
偉大なる功績の数々が、後世に受け継がれています。
そのひとつが、ケプラーの研究と親しめる
「科学センター」
この日は、子どもたちが太陽系を学びにやってきました。
目の前に映る宇宙の姿に、みんな興味津々です。
「すごく迫力があってワクワクした!
 ケプラーはずっと昔に太陽系のシステムを
 研究していたなんてすごいよね!」
まだ道具も不十分だった大航海時代に
こんな証明ができたなんてすごいですね。
無限に広がる宇宙と、子どもたちの未来。
ここは、夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ