放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

587回 TDS ディズニーシー・トランジットスチーマーライン
アメリカ ロバート・ピアリー 編
【テーマポート:アメリカンウォーターフロント】
2017/10/8 OA

東京ディズニーシーのテーマポートをめぐる蒸気船、
「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」。
船のひとつひとつには、名前が付いています。
これらの名前はみんな、
海にまつわる偉業を成し遂げた人物なんです。
彼の名はロバート・エドウィン・ピアリー。
およそ100年前に、西洋人として、
世界で初めて、北極点に到達した探険家です。
アメリカ東海岸の港町、ブランズウィック。
ここに、探険家ピアリーの名前が付いた博物館があります。
展示されているのは、ピアリーが
北極探険に使った数々の道具。
アザラシの毛皮で作った服を身にまとい
凍てつく寒さのなか、犬ぞりで北極点を目指しました。
そして1909年4月6日、北極点に到達。
幾度も挑戦を続け、成し得た偉業でした。
「悪天候だったり体調を崩したり、何度も失敗を繰り返しました。
 しかしピアリーは粘り強く挑戦を続け、ついに成し遂げたのです」
1人の冒険家の信念が、
現在の北極調査の礎を築きました。
先人の夢から生まれた知恵や努力が
未来へとつながっているんですね。
折れない心が切り開いた、新たな歴史。
ここは、夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ