放送内容
過去の放送内容
案内人
ご意見・ご感想
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロント
ポートディスカバリー
ロストリバーデルタ
アラビアンコースト
マーメイドラグーン
ミステリアスアイランド
ワールドバザール
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥーンタウン
トゥモローランド

641回 TDL ウエスタンリバー鉄道
アメリカ 鉄道博物館 編
【テーマランド:アドベンチャーランド】
2018/11/4 OA

東京ディズニーランドで、グランドオープン当初からある
アトラクションのひとつが、この「ウエスタンリバー鉄道」
開拓時代のアメリカ西部や、ジャングルを巡る
ジャングルを巡る蒸気機関車の旅を楽しめます。
カリフォルニア州の州都、サクラメント。
西部開拓時代にゴールドラッシュで栄え、
アメリカ初の大陸横断鉄道の、西の起点となった街です。
街で見つけたのは、鉄道の歴史を展示する博物館。
これは、薪を焚いて走らせる蒸気機関車、
「ガバナー・スタンフォード」。
大陸横断鉄道の建築資材を運ぶ、大きな役割を果たしました。
時代の流れと共に、列車も多様化。
こちらは、「走る郵便局」と呼ばれた郵便列車。
数か月かかっていたアメリカ国内の配達を、数日に短縮。
郵便の収集袋を、線路脇のポールに設置して、
列車を走らせたまま、回収していたそうです。
「鉄道によってコミュニケーションのスピードが向上し
 世界各国が結ばれました。
 鉄道は人やものを"つなぐもの"なのです」
列車から、当時の人々の暮らしが垣間見えるようですね。
"つながり"が始まった場所。
ここは夢の通り道です。
(放送当時の情報をもとに構成しております)
TOPページへ