銭ゲバ|スタッフブログ

本気です

まもなく6話のオンエアです。で、6話の撮影裏話を紹介します。

①ひょんな一言
今回、風太郎の母・桃子とそっくりな女性が登場します。
これは松山君が「奥貫さんとお芝居してみたいなぁ」という一言がきっかけです。
同じころ脚本の岡田さんもそんなことを考えていて、
だったら作ってみようよ、となったのです。
あれこれ台本を練っていく中で、風太郎が「〇〇」するとても重要なエピソードになりました。
「〇〇」の部分は見てくれた方それぞれが、それぞれに受け止めて、
感じてくれればいいなぁと思っています。

②ミムラさんのガッツ
6話の撮影のために2日間、ほとんど、水と塩と砂糖で過ごしたそうです。
飢餓感があったほうがいいお芝居ができそうだったから、というミムラさん。
収録の前日は怖くてポロポロ涙が出てきてしょうがなかったそうです。
そんな思いをしてまで臨んだ6話は凄まじいものになっています。

6話を見た脚本の岡田さんから、「なんか皆凄いですね。呆然としました」とメールが。
「みんな狂ってます。なんで皆こんなに本気なのでしょう・・・」と返事しました。
きっと、キャスト・スタッフ全員が、見てくれている方々の期待を裏切りたくない一心なのです。
つまらないものは作りたくない。
で、「どこまでいけるかわからないけど、いってみよう」と狂ってる感じです。

  
  プロデューサー 河野

日付2009年02月21日 (土)