2008年01月29日

アジアが誇るアン・リー監督 知られざる父との物語

映画『ラストコーション』。舞台は第二次世界大戦中の上海。女スパイと敵対する男の許されざる禁断の恋を描いた作品。

メガホンをとったのはアン・リー監督53歳!昨年9月のベネチア国際映画祭ではこの作品で同映画祭最高の栄誉である金獅子賞を獲得した! 

台湾や香港では大スターのアン・リー監督!
2000年公開のアジア合作映画『グリーン・デスティニー』は全米興行収入1億4500万ドル(約174億円)の大ヒットを記録!アメリカで最も成功したアジア映画と言われる。

これまでベネチア国際映画祭の金獅子賞を2回、ベルリン国際映画祭の金熊賞も2回受賞!
獲得したトロフィーは実に60本!
今や台湾が誇る世界の巨匠アン・リー監督に話を聞いた。

Q賞を獲得する秘訣は?
アン・リー監督「(秘訣は)わからないよ‥。映画を製作している時は、受賞したいとか一切考えない。良い映画を作ることだけに集中しているんだ」

華々しい活躍を見せるアン・リー監督だが、36歳までは無職同然の生活だった。成功の陰には、映画製作を反対し続けた厳格な父親の存在があった。

アン・リー監督は教師だった父の影響で、幼少から勉強一筋だったという。そんな父の口ぐせは‥

「将来は教師になりなさい」 だった。

ところが大学受験の後、父の猛反対を押し切り映画を学ぶため単身アメリカへ。これを機に父と確執が‥。   

アン監督はニューヨーク大学を卒業するが仕事のオファーはゼロ。妻の収入で生計を立て、コンテストに脚本を応募する日々が続いた。

卒業から6年後。36歳の時、自分の父親をモデルに書いた脚本が映画化され監督としてデビュー(映画『推手』)!この作品は頑固な中国人の父がアメリカで暮らす息子夫婦と共同生活をする物語。

アン・リー監督「父の存在がなかったら、この映画を作っていなかったよ」

その後も父に認められたい一心で、父親をテーマに次々と作品を製作。数々の賞を獲得し世界的な評価を得た!巨匠と呼ばれるようになったアン・リー監督に対し、それでも父は‥

「教師になりなさい」 と、話したという。

その後アン・リー監督8作目の映画『ハルク』。それまでの作風と違う、ハリウッド娯楽大作。この作品後、アン・リー監督は心身共に疲弊してしまった。

「辞めたい‥」

落ち込むアン・リー監督に対し父は‥

「映画の世界で、頑張ってみなさい」

これが、父が初めてアン監督の仕事を認めてくれた瞬間だった。

しかしその言葉から2週間後‥父、シェン・リーさんはこの世を去った(享年91)。

アン・リー監督はその後『ブロークバック・マウンテン』を父にささげる思いで製作!
するとこの作品で、アジアの監督として初めてアカデミー監督賞を獲得した!

アン・リー監督「8作も時間がかかったけど、ようやくお互いのしこりを洗い流すことができた。今は、運命で私たち親子は結ばれていたと感じているよ」