特集

2016年5月 4日

"余命宣告"がんと生きる23歳...新薬に挑む

zero_toku0504.jpg

※動画の公開は終了しました

肝臓に大きながんが見つかり、19歳で「余命半年」と宣告された女性。彼女は様々な治療を経て23歳になった今も末期がんと闘っています。治療を続ける中、彼女の「生きたい」という思いに、変化が訪れていました。

ページの先頭へ ▲