FROM ZERO

2017年1月 6日

#67 女優・高畑充希(25)
はじまりは...「知ってもらうこと」

女優、高畑充希25歳。

彼女の環境は、この1年で大きく変わった。

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」をはじめ数多くの作品に出演し
CMにもひっぱりだこ。
とにかく忙しかった彼女は2016年、最もブレイクした女優に輝いた。
自分の想像を遙かに超える飛躍。
この場所にたどり着くまでに、どんな道のりを歩んできたのか。

2016年12月。この日、テレビの収録を終えた高畑さんは、すぐに別の仕事へ。
多忙な彼女、移動中のわずかな時間に話を聞いた。

fz_170106a.png

ディ)"忙しい"ことに対してはどうですか?
高畑)いいところも悪いところもあるな~。
忙しすぎるのはよくないと思います。
ディ)何でですか?
高畑)ひとつひとつに心が動かなくなるから。
   感受性が敏感なときって結構、余裕をもって動けている気がする。

「どんな時も、感受性を大切に生きていたい。」
そう語りながら、次の現場、雑誌の撮影へ向かった。

fz_170106b.png

彼女が女優を目指すきっかけとなったのは...

fz_170106c.png

「舞台の客席です。ずっとちっちゃい時からお芝居を観るのが好きだったので、
小学生のときはミュージカルを見ることが多くて、音楽だけで物語がつむがれていくので、
単純にメロディーとかその音楽をマネして家で歌ったりとかして、
みんながJポップにはまるように
私はミュージカルのサウンドトラックにはまったりしていました。」

自分もいつか、舞台に立ちたい。
大きな夢を持った少女は、たくさんのオーディションを受けた。しかし...
「さんざん落ちましたね。
でもこんなに舞台好きなんだからそのうち受かると思っていた。」

そしてついに、13歳の時。
山口百恵さんのトリビュートミュージカルで、初めて主役の座をつかむ。
15歳のときには、「ピーターパン」にも抜擢。実に6年に渡って主役を務めた。

舞台女優として順調にキャリアを詰んでいった高畑さん。
しかし彼女は、ドラマや映画など、舞台ではない映像の世界に向かう。なぜなのか?

「やっぱり舞台は観てもらわないと始まらないので
(自分のことを)知ってもらっていた方がいいだろうなっていうのはあって
踏み込んだ映像の世界」

映像の世界に踏み込んだのは、自分を知ってもらうため。
そして何より、舞台の魅力を知ってもらうため。
朝ドラの主役も務め、映像の世界で高畑充希の名は一気に広まった。

2016年10月。
高畑さんは1年ぶりにミュージカルの舞台に戻ってきた。
稽古場に入ると高畑さんの目つきが変わる。

fz_170106d.png

「お客さんが面白かったって帰ってくれるのが一番うれしい。
私達は体と心を削って一生懸命やるって感じ」

この1年、自分のことは大勢に知ってもらえた。
だから次は、舞台の楽しさを多くの人に知って欲しい。

fz_170106e.png

「(自分が)きっかけで舞台を見に行って、舞台意外と面白いんだとか思ってもらえたら、
それきっかけで別の作品も見に行ったりするかもしれないじゃないですか。
これで演劇を観る人が増えたら最高ですよね。」

現在25歳。いま目標にしていることは...
「全編音楽の舞台に出たい。それが自分にあうと思うし大好き。チャレンジしたいですね。」

ページの先頭へ ▲