FROM ZERO

2017年5月 5日

#71 サンバダンサー 工藤めぐみ
はじまりは...「失った笑顔を取り戻すこと」

FZ17050501.jpg

2月、ブラジル・リオデジャネイロ。 全世界から、100万人が集まる世界最大のサンバのコンテスト。 衣装やダンスなどを競い合うブラジル人の中に、工藤さんの姿があった。

強豪のサンバチーム「サウゲイロ」に所属し、4000人を越えるメンバーの中で約40人しか選ばれないチームのトップダンサー「パシスタ」に選ばれた唯一の日本人だ。
去年のリオオリンピックでは、オーディションでサンバを披露し、開会式のセレモニーにも選抜された。

今年で日本とリオを往復する生活は13年になる。
生活の拠点は日本におき、
毎年カーニバルに出場するために、
リオに3か月間滞在している。

本場で認められた工藤さんのサンバ。
そのすごさとは何なのか?

ブラジル人のサンバダンサーと比べると
体形に違いがあると工藤さんは言う。

FZ17050502.jpg
工藤「彼女たちがちょっと動くと、おしりもブーンと大きく動くので、私は日本人だから線が細いので、その分本当に大きく努力しないと彼女たちみたいに大きく踊れないんで」

工藤さんは体形の違いをカバーするためにある工夫をした。
腰を入れて、踊りを大きく見せることを考えた。
さらにその状態から小刻みにステップをふむ。

Q「疲れますか?」

工藤「疲れます、疲れます。雑とか乱暴じゃなくて、エレガントに踊らないといけないし、注意すべきことが山ほどあります」

工藤さんが生まれたのは、兵庫県・神戸市。
サンバと出会ったのは22年前のある出来事だった。

FZ17050503.jpg
工藤「9歳のときに阪神・淡路大震災っていう大きな地震があったんですけど、いつも見ていたおばあちゃんの家が焼け野原でなくなったりとか、とにかく衝撃を受けた震災でしたね」

落ち込んでいた時、
母親が見つけたのが、サンバ教室の新聞広告だった。
親子で通い始めると、その魅力に引き込まれたという。

震災をきっかけに始まった工藤さんのサンバ。
18歳で地元の神戸にサンバ教室を立ち上げ、
今も子どもたちに教え続けている。

FZ17050504.jpg
すると、こんな思いがわいてきた。
"リオのカーニバルに出場したい"
19歳の時、アルバイトでお金をためブラジルへ。
つてもなく、言葉も話せず、信じたのは自分の可能性。

そして、再びブラジルへ渡った22歳、
強豪のサンバチームに入ることができた。

当時、住んでいた場所を訪れた。
工藤さんはチームに受け入れてもらうために
拠点とするこの地域に住み始めたが、
そこは、スラム街だった。

3年前、工藤さんは、
サンバの練習帰りに強盗に遭い、頭を打ち意識を失ったという。

工藤「やられた時は、こわくて震えてパニックだったし、病院の中でもいっぱい注射とかうたれて、本当怖い思いしかなくて」

踊り続けることが怖くなったサンバ。
しかし、"ある思い"が工藤さんを支えた。

工藤「こどもの頃、震災を経験して、落ち込んだ暗い気持ちを明るくなりたいと親子で始めて、実際私もサンバに元気をもらって(サンバを)続けて、私が笑顔で踊ることによって皆さんが笑顔になってくれる、めぐちゃん見てたら『元気もらえるよ』、『パワーもらえるよ』って言ってもらえるのが、私のパワーの源」

震災で出会ったサンバは、踊ると自然と笑顔になれた。

サンバがもつ"笑顔にする力"が原動力となり、
工藤さんは、今年もカーニバルの優勝を目指した。

そして、始まった本番。

そこには...華やかな衣装に負けないほどの工藤さんの笑顔があふれていた。

チームの結果は3位。
それでも、晴れやかな表情だった。

FZ17050505.jpg
工藤「私も元気になって、(サンバは)本当に笑顔と笑顔の交換、私がサンバで元気にというか、パワーをもらったので、それをどんどん次は私から皆さんにパワーを伝えたいなと思っています」

だから工藤さんは踊り続ける。

ページの先頭へ ▲