FROM ZERO

2017年9月22日

♯76 アーティスト 清川あさみ
はじまりは...「黄色いリュックサック」

Fzero100401.jpg

写真にビーズや糸で刺繍を施す
独特の手法で注目されるアーティスト・清川あさみさん。

2012年には、最も輝いた女性たちに贈られるウーマンオブザイヤーを受賞。
去年は朝の連続ドラマ「べっぴんさん」のタイトルを手がけ話題に。
さらに、今年25周年を迎えた東京ガールズコレクションの
キービジュアルを担当するなど多彩なジャンルで活躍している。


現在、どんな作品に取り組んでいるのか?
アトリエを訪れると・・・
Fzero100402.jpg

Fzero100403.jpg

この日、制作していたのは詩人・高村光太郎の著書「智恵子抄」に刺繍をするというもの。

「ドローイング(刺繍)するごとにもう一つお話が生まれている気がすると思っていて」

11月まで、福島県で開催中の芸術祭では...
Fzero100404.jpg

写真紙を編んでつくる新作を展示している

「これは縦糸と横糸で写真を編んでいる作品なんですけど、こういう面白い手法もどんどん発表しています」

清川作品の特徴の一つは、自由な発想による "はみだすアート"。

やりたいことが次々とあふれだし常に新しい表現を模索している。
しかし、かつての自分についてたずねると、意外な言葉を口にした。

「自分のオリジナリティーが分からない。それがコンプレックスでした」

兵庫県の淡路島で生まれ育った清川さん。
学生時代の自分について

「とにかくおとなしくて、引きこもりがちな子どもだったんです」

自分は"何が好きなのか?"も分からず、人に意見を言うことが出来なかったという。

しかし、高校入学をきっかけに勇気を出して行った"ある行動"が人生を一変させた。
それは・・・

「本当に小さなことなんですけど、今まで暗い色しか持ってなかった小物とかを、ものすごく明るい色にしてみた」

それが、この黄色いリュックサック
Fzero100405.jpg

「真っ黄色だったんですけど。もうそれまでの自分では考えられない色だったんですね。それをきっかけに、色々な人に『これはどこのものなの?』とか『面白いもの持っているね』
 とかって声をかけられ、人とのコミュニケーションがたくさん生まれるようになった瞬間だったんです」

ファッションで『自分を表現する』方法をみつけた。

そしてこの夏。清川さんは、新たな挑戦をした。
それは、子供たちの"創造性"を養うことを目的としたワークショップの開催。

去年、第1子を出産し子供たちの豊かな心を育てたいという思いが強くなったという。
Fzero100406.png

ワークショップでこだわったのは"はみ出す勇気"。

お題は清川さんが書いた絵本の1ページを塗り絵にしたもの。
あえて線のみのシンプルなものにした。

「今日は、皆さんにアーティストになってもらおうと思っています」

清川さんは子供たちに、
あえて、具体的なアドバイスをせずに子供たちの制作を見守った。
Fzero100407.png

「なるべくアウトラインというか答えは言わずにみんなに自由に発想してもらって、自分の力で考えてイメージするっていうことができたらいいなと思っていたので成功しました」

作品を通して子供たちに、はみ出す勇気を伝えた清川さんにこんな質問をしてみた。

"悩んでいる少女時代の清川さんに声をかけるとしたら..."

「やっぱり自分を信じることというのを貫いて欲しいなと思っていて、本当に人生いろんなことがあると思うんですけど、自分を信じる力が一番その人にとったらコンプレックスを克服出来る何かになるんじゃないかなと思っています」
Fzero100408.jpg

ページの先頭へ ▲