FROM ZERO

2017年3月17日

♯69 プロスノーボーダー 平岡卓
はじまりは...「栄光の後に待っていた初めての挫折」

プロスノーボーダー、平岡卓21歳。

2014年ソチ五輪スノーボードハーフパイプで
銅メダルを獲得。
来年の平昌オリンピックでもメダルが期待される。

170317_FZ01.png
しかし彼は今、思うような結果が残せず悩んでいた...

「何もかもうまくいかない」

そう語る平岡。
ZEROはアメリカでのオリンピック前哨戦に密着し、
再起をかける彼に迫った。

平岡が生まれたのは雪がほとんど降らない奈良県。
6歳でスノーボードを始め、プロとなったのは12歳。
その後は海外を主戦場に、世界を相手に技術を磨いた。
1年のおよそ半分は海外に身を置き、
スノーボード漬けの毎日。
そんな日々が平岡にとって楽しかった。

170317_FZ02.png
そして2014年のソチオリンピック。
日本スノーボード界初のメダルを獲得し、
名実共に世界トップ選手の仲間入り。
18歳にして一躍、注目の的に。
来年の平昌五輪でもメダルが期待されていた。

170317_FZ03.png
しかし昨シーズン。
優勝は一度もなく思うような結果が残せなかった平岡は

「大会も全部ダメで、何もかもうまくいかなくて
 自分の人生の中では一番の挫折でした」

栄光の後に"初めての挫折"が待っていた。

怪我をしたわけでもない、でも結果が伴わない。
昨シーズンを振り返ると、原因は自分の心にあった。

「大会に向けて練習をして...というのに飽きていた。
 もっと楽しいことがあるだろうと」

だが挫折の中で気づいたのは"勝つからこそ楽しい"
そんなシンプルな思い。

だからこそ今シーズンは結果にこだわった。
スノーボードに集中できる海外に身を置き
全ての時間を練習に費やした。
プロとしてどん欲に結果を追い求めた。

170317_FZ04.png
今回の取材中には、
何度も何度も自分の滑りの映像を見返す平岡。
勝つための練習に取り組む姿勢は、
1年前の彼とは違った。

そしてオリンピック前哨戦となるUS OPEN。

持ち味の高さを見せるも... 
転倒もあり結果は12位。
それでも結果を真摯に受け止めた。

「やる気ももっと出た。この結果を糧にして」

敗戦の翌日。
そこには悔しさを胸に再び練習に励む平岡の姿が。

来年の平昌オリンピックでは、再びあの栄光を。

170317_FZ05.png

2017年3月 3日

♯68 音楽プロデューサー starRo
はじまりは...「好きなことを続ける」

写真

今年のグラミー賞で脚光を浴びた41歳の新人アーティスト。実は1年半前まで、普通のサラリーマンでした。

2017年1月 6日

#67 女優・高畑充希(25)
はじまりは...「知ってもらうこと」

女優、高畑充希25歳。

彼女の環境は、この1年で大きく変わった。

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」をはじめ数多くの作品に出演し
CMにもひっぱりだこ。
とにかく忙しかった彼女は2016年、最もブレイクした女優に輝いた。
自分の想像を遙かに超える飛躍。
この場所にたどり着くまでに、どんな道のりを歩んできたのか。

2016年12月。この日、テレビの収録を終えた高畑さんは、すぐに別の仕事へ。
多忙な彼女、移動中のわずかな時間に話を聞いた。

fz_170106a.png

ディ)"忙しい"ことに対してはどうですか?
高畑)いいところも悪いところもあるな~。
忙しすぎるのはよくないと思います。
ディ)何でですか?
高畑)ひとつひとつに心が動かなくなるから。
   感受性が敏感なときって結構、余裕をもって動けている気がする。

「どんな時も、感受性を大切に生きていたい。」
そう語りながら、次の現場、雑誌の撮影へ向かった。

fz_170106b.png

彼女が女優を目指すきっかけとなったのは...

fz_170106c.png

「舞台の客席です。ずっとちっちゃい時からお芝居を観るのが好きだったので、
小学生のときはミュージカルを見ることが多くて、音楽だけで物語がつむがれていくので、
単純にメロディーとかその音楽をマネして家で歌ったりとかして、
みんながJポップにはまるように
私はミュージカルのサウンドトラックにはまったりしていました。」

自分もいつか、舞台に立ちたい。
大きな夢を持った少女は、たくさんのオーディションを受けた。しかし...
「さんざん落ちましたね。
でもこんなに舞台好きなんだからそのうち受かると思っていた。」

そしてついに、13歳の時。
山口百恵さんのトリビュートミュージカルで、初めて主役の座をつかむ。
15歳のときには、「ピーターパン」にも抜擢。実に6年に渡って主役を務めた。

舞台女優として順調にキャリアを詰んでいった高畑さん。
しかし彼女は、ドラマや映画など、舞台ではない映像の世界に向かう。なぜなのか?

「やっぱり舞台は観てもらわないと始まらないので
(自分のことを)知ってもらっていた方がいいだろうなっていうのはあって
踏み込んだ映像の世界」

映像の世界に踏み込んだのは、自分を知ってもらうため。
そして何より、舞台の魅力を知ってもらうため。
朝ドラの主役も務め、映像の世界で高畑充希の名は一気に広まった。

2016年10月。
高畑さんは1年ぶりにミュージカルの舞台に戻ってきた。
稽古場に入ると高畑さんの目つきが変わる。

fz_170106d.png

「お客さんが面白かったって帰ってくれるのが一番うれしい。
私達は体と心を削って一生懸命やるって感じ」

この1年、自分のことは大勢に知ってもらえた。
だから次は、舞台の楽しさを多くの人に知って欲しい。

fz_170106e.png

「(自分が)きっかけで舞台を見に行って、舞台意外と面白いんだとか思ってもらえたら、
それきっかけで別の作品も見に行ったりするかもしれないじゃないですか。
これで演劇を観る人が増えたら最高ですよね。」

現在25歳。いま目標にしていることは...
「全編音楽の舞台に出たい。それが自分にあうと思うし大好き。チャレンジしたいですね。」

2016年12月23日

♯66 青山学院大学 一色 恭志
はじまりは...「悔しさしかなかった連覇」

スタートから一度もトップを譲らない完全優勝で
箱根駅伝連覇を果たした青山学院大学。
そのチームの新エースが一色恭志、4年生。
一色は連覇の裏で、ある思いを募らせていた。

fz112301.jpg

小学1年生のとき。学校のマラソン大会で優勝したのを
きっかけに、走る楽しさのとりこになる。
高校生になるとその名を知られる存在に。
3年生の時には、全国高校駅伝でチームを日本一に導き、
自身も区間賞を獲得した。

fz112302.jpg

大学でも1年生から注目を浴びた。初めての箱根駅伝では、
1区を任され、1年生の歴代最速タイムを更新。
2年生からは各校のエースが集う「花の2区」を任された。

その2区に初めて臨んだ2年生のときは、区間3位。
さらに3年生になった今年も2区を任されたが、
その前に立ちはだかったのが、ケニア出身の
山梨学院大学1年生、ドミニク・ニャイロ。

fz112303.jpg

ニャイロの圧巻の走りで一色は今年も区間3位。
大会で青山学院は連覇を達成するも一色は素直に喜べず。
ニャイロに負けた悔しさが残った連覇となった。
「まだまだ自分の力というのは日本学生長距離界の中では
まだまだなんだなと痛感させられました」

fz112304.jpg

このままでは終われない。一色は走りを磨くためこの1年、
新しいことに取り組んだ。
まず挑んだのは初めてのフルマラソン。
2区のおよそ倍の距離。過酷さは想像以上だった。
体のブレが少なく、安定感のあるフォーム。これだけでは
勝てないと気付いた。さらに取り組んだのは上半身の強化。

fz112305.jpg

その成果は目に見える形で現れる。
先月行われた全日本大学駅伝。一色はアンカーを任された。
しかし2位でタスキをもらう。その差は49秒。
逆転は難しい状況。だが・・

実況「追い抜かれたその襷が先頭に押し上がってきます。
一色恭志4年生がついについに再び先頭に順位を
押し上げました。」

青山学院大学を悲願の初優勝へ導いた一色の走り。
一年間の取り組みが実を結んだ。

fz112306.jpg

そして先週土曜日。箱根へ向けた記者会見。

原監督「今年に限っては2区については一色を公言しております」

原監督のエースへの信頼。
その期待に応えようと一色自身の思いも同じだった。
一色「またニャイロ選手も来ると思うので、そこでしっかりと競り合って最後、4年目の最後の意地を見せて勝てるようにやっていきたいと思います」

2016年11月18日

♯65 月へ挑むエンジニア 古友大輔
はじまりは...「宇宙は嫌い」

写真

※この動画の公開は終了しました

民間で初めて月に挑む日本の月面探査チームがあります。そのエンジニアの挑戦に迫りました。

ページの先頭へ ▲