ZEROhuman

2016年3月 9日

浄土真宗本願寺派僧侶 金沢豊

160309-1.jpg
浄土真宗本願寺派 僧侶の金沢豊さん(35)。

岩手県陸前高田市の仮設住宅を訪問し、
話を聴く活動を行っています。

京都から通い続けて、5年間で1000人以上。
身近な人にも打ち明けられない、
悲しみや悩みと向き合ってきました。
160309-2.jpg
ボランティア団体を立ち上げ、
これからも話を聴き続けていく、その原点とは。

「無我に生きる、人のために生きる。」

2016年3月 8日

水産加工会社代表 下苧坪之典

160308-1.jpg
水産加工会社代表の下苧坪之典さん(35)。

「北三陸世界ブランドプロジェクト実行委員会」の発起人、
被災地・北三陸の水産物を世界に売り込もうとしています。

天然ものの高級魚介類が豊富に獲れるという北三陸。
160308-2.jpg
まずは香港・台湾に販路を広げ、
最高級の世界ブランドを目指す、
その原点とは。

「世界中の憧れの地、『SANRIKU』を創造したい。」

2016年3月 7日

アニメプロデューサー 浅尾芳宣

160307_1.jpg

アニメプロデューサーの浅尾芳宣さん(47)。

東日本大震災から5年を迎える福島を舞台にしたアニメ、
「みらいへの手紙」の総監督を務めました。

160307_2.jpg
実話を元にした、10話のストーリー。
福島出身のディーン・フジオカさんも
ストーリーテラーを務めています。

アニメを「接点」に、福島の今と、
ここから始まる物語を伝えたいという、その原点とは。

「いまある何かをこわして、
次に行くためにしか行動しない。」

2016年3月 3日

NPO法人キッズドア理事長 渡辺由美子

03031.jpg
NPO法人 理事長の渡辺由美子さん(51)。

貧困に苦しむ日本の子どもたちを支援するため、
無料の高校受験講座「タダゼミ」などを開催しています。

東日本大震災後は、南三陸町や双葉町でも
無料学習支援をスタート。

03032.jpg
指導をする大学生ボランティアとともに
教育から問題に取り組む、その原点とは。

「日本の子どもの貧困は、見えづらい。」

2016年3月 2日

写真家 平井慶祐

160302-1.jpg
写真家の平井慶祐さん(36)。

東北の漁業の魅力をPRする
「東北漁業男子カレンダー2016」の撮影を担当しました。

モデルは、カッコよく、稼げて、革新的、
漁業の「新3K」を目指す若手漁師たち。

160302-2.jpg
震災直後に、避難所で出会った漁師の姿に惚れ込み、
石巻に移住して、今の東北を撮り続ける、
その原点とは。

「撮るのではなく、
命がけの現場を撮らせてもらっている。」

ページの先頭へ ▲