櫻井翔 イチメン!

2017年7月17日

お風呂で携帯、要注意

防水のスマートフォンが増えていますが、
お風呂で使う時に、注意したいことがあります。

2017年7月9日、アメリカ・ニューメキシコ州で
14歳のマディソン・コーさんが
入浴中にスマートフォンを使用していて
感電死するという、痛ましい事故がありました。

2017071701.jpg

その後、現地警察の調べなどで、
コーさんは、スマホを充電しながら
お風呂で使っていたことがわかりました。

電話は充電器、さらに延長コードをつないで、
浴室にあるコンセントに差し込まれていました。

この延長コードの一部が摩耗していて、
その部分に触れたことで、
感電してしまったとみられています。

2017071702.jpg

事件後にコーさんの母親はフェイスブックで、
「愛しい14歳のマディソンは電話を
 お風呂で使っている最中に
 悲痛な事故で亡くなりました」

「あなたのお子さんに、感電死の重大な危険性を
 教えて守ってあげてください」

と伝え、大きな反響を呼んでいます。

2017071703.jpg

身の回りのモノの事故などを調べている
NITE=製品評価技術基盤機構によりますと
日本では現在のところ、
同じような事故が起こった事例は
報告されていないそうです。

一方で、ある調査では
全国の10代から30代の男女で、
「お風呂の中でスマートフォンを使うことがある」
と答えた人はおよそ3割にのぼり、
とくに10代では、その割合が高いことがわかりました。

私たちも街で聞いてみました。

2017071704.jpg

「入る時は絶対持って行きます毎日持って行きます」
 ずっといじっててお風呂2時間くらい入ってます」

「持って入ります。メッセージしたり音楽流したり」

2017071705.jpg

「時々使います」
「日常生活で(スマホを使って)することを
 お風呂の中でもします。
 動画みたりとかメッセージ送ったりとか」

渋谷で32人に聞いたところ、
17人がお風呂の中でスマホを使うと答えました。

お風呂で充電中に事故が起きたことについて聞いてみると。

2017071706.jpg
 
「怖いなって思いました」
「でも(お風呂の中で)充電することはないので。」

2017071707.jpg

「(スマホを)使わない方が
 お風呂はリラックスタイムでいんじゃないかなって」

「アメリカとかみたいにユニットバスとかで
 同じ環境にあったら
 日本人も沢山そういう人がでてくると思う」

では、私たちはお風呂で携帯電話を使う時、
何に注意すれば良いのでしょうか?

携帯電話の事業者などに聞いたところ。

2017071708.jpg

まず、最近は防水の携帯電話が増えていますが、
「充電器」は防水ではありません。

2017071709.jpg

浴室で充電器を携帯電話に刺すと
お風呂の中に落とした時など、感電の危険があります。
浴室で充電するのは、絶対にやめましょう。

2017071710.jpg

その他にも、お風呂で使ったあとなどに
濡れたままの携帯電話本体や
水やジュースなどがかかった充電器で、
充電をするのも危険です。

充電器の端子がショートして、
発熱や発煙、発火の恐れがあります。

濡れてしまった携帯は
十分に乾かしてから充電してください。
最低5時間の乾燥を推奨しているメーカーもあります。

そして、充電器の端子が濡れてしまった場合は、
ティッシュペーパーなどできれいに拭いて、
よく乾かしてから使うことが重要です。

携帯電話でなくても、
電化製品をお風呂で充電しながら使うのは危険です。
絶対にやめましょう。

ページの先頭へ ▲