櫻井翔 イチメン!

2017年11月13日

インフルエンザワクチン"不足"

これから本格的に流行するインフルエンザですが
ワクチン接種が受けられない人が
続出しているといいます。

2017111301.jpg

泣いておわびをするようなポーズで写真に収まる
看護師さん。

これは愛知県の医療機関がツイッターに投稿したもので
「インフルエンザワクチンが不足しております。
 当院通院中(現在)の患者様のみの対応となります」
と書かれています。

2017111302.jpg

こうした「インフルエンザワクチンが足りない」状況が
各地で起きています。

ZEROは都内の小児科クリニックを取材しました。

2017111303.jpg

こちらのクリニックでは1日におよそ70人が
予防接種を受けにくるといいます。
しかし今の状況を、院長は"異常事態"だと語ります。

■有明こどもクリニック豊洲院 
 小暮裕之 院長

2017111304.jpg

「ワクチンが足りないという状況。希望者全員に打てない。
 今年は特にひどくて、ほとんどの方をうてない。
 日本という先進国で
 医薬品のワクチンが足りないのは異常事態」

取材中にも予約の電話が...。

■受付スタッフ
「大変申し訳ございません。
 インフルエンザワクチンなんですが、
 ただ今、すべてインフルエンザの予約を
 ストップさせていただいております」

ワクチンの入荷見込みが分からないため
今は予約をストップしているといいます。

2017111305.jpg

都内の小児科および内科の開業医を中心に行った
アンケートでは
「インフルエンザワクチンの在庫が足りない」と答えたのは
実に半数以上の65%にのぼりました。

2017111306.jpg

このため医療機関では
「予約の受付を一時ストップする」
「普段診ている患者を優先する」
「定期接種の高齢者を優先する」
 といった対応をとっているといいます。

こうした状況にSNS上では
こんな声があがっています。 

2017111307.jpg

「会社でのインフル注射が中止に...
 どこでいつやろうか、子供はどうしよう。」

「どこも予約できず、今現在ワクチン難民」

では、なぜ、ワクチンは足りていないのでしょうか?

2017111308.jpg

厚生労働省によると今年は
当初想定していたワクチンが思うように作れず
途中でワクチンの"もと"となるウイルスを
変更したということです。

このため、メーカーによると
ワクチンを作り始める時期が1か月ほど遅れたといいます。

その結果、医療機関にワクチンが行き渡るのが
遅れているというのです。

2017111309.jpg

しかし厚生労働省は、予測の上では
12月下旬くらいには供給が安定すると話しています。

その上で、現在「12歳以下は2回」、
「原則13歳以上は1回でよい」とされている接種の回数を
徹底するよう呼びかけています。

13歳以上も2回接種すると
足りなくなる恐れがあるためです。

2017111310.jpg

ワクチンを接種しておくと体内に免疫ができ
インフルエンザにかかりにくくなったり
もしかかったとしても重症化しにくくなったりする
効果があります。

流行が本格化するのは12月中旬頃で
ピークは例年、1月後半頃です。

一度は予約が取れずに諦めたという人も
時間をおいて確認してみて下さい。

ページの先頭へ ▲