櫻井翔 イチメン!

2018年8月13日

接見とは

今回、
弁護士との「接見」のあと逃走したと見られています。
こちらをご覧ください。

2018081301.jpg
事件とは別の警察署にある「面会室」の様子です。
刑事ドラマでもよく見かけますが、
この面会室で「接見」という行為が行われます。

2018081307.jpg


何かの罪を犯した疑いで容疑者が逮捕されると
多くは警察署に留め置かれ、取り調べを受けます。
この間、容疑者には法律に基づいて
家族や弁護士らに会う権利が認められています。
これが「接見」です。

ただし家族や友人に会うケースと
弁護士に会うケースで条件が大きく異なります。

2018081303.jpg
まず、家族や友人など一般人と接見する時には、
警察官が立会人として付きます。

また、都道府県警によって違いますが、
時間や回数も限られ、

例えば、
・平日の午前10時から午後4時まで
・時間は15分間
・1日1回1組まで
などと決まっています。

そして、逃亡や、
証拠隠滅のおそれがある時は、
裁判所が接見禁止命令を出すこともあり、
様々な制約があります。


一方、弁護士とのケースではほとんど制約がありません。

・警察官の立ち会いは付かず、容疑者と弁護士だけで話せる。
・基本的に24時間、土日祝日、深夜でも接見できる。
・禁止命令が出ていても弁護士だけは接見できる。

と、広く認められています。

2018081302.jpg
このように「接見」は、
まだ罪が確定していない容疑者を守るための制度で、
そのため、他の誰にも聞かれることなく
弁護士と相談をすることができるのです。


しかし、今回は弁護士が退出したあと
誰も見ていない隙に、男は逃走を図ったとみられます。

2018081305.jpg

2018081306.jpg
実は、面会室の作りや古さは、
警察署によって大きく違うといいます。

刑事事件に詳しい、
高橋裕樹弁護士によると
「アクリルやゴムが
劣化しているように見える面会室もあった。
ただ、間違っても破れるようなものとは思えず
今回は考えられない事態だ」ということです。

 

2018年7月16日

避難生活の注意点

避難所での生活で困っていることについて
避難している方はこう話しています。

2018071601.jpg

「お風呂の場所が遠い」
「館内放送だけでは情報が分からない」
「人の動きが目に入ると目が覚めて眠れない」
 といった声が聞かれました。

2018071602.jpg

少しでも環境を良くしようと避難所では
クーラーや間仕切りの設置、段ボールベッドの導入、
また医療関係者が避難所内を回るといった
取り組みが進められています。

実は避難所に関して
いま注目されている国際基準があります。

2018071603.jpg

1994年にアフリカのルワンダで起きた虐殺では
虐殺から逃れた人が避難先の劣悪な環境で
亡くなる事態が起きました。

こうした反省などから国際的なNPOなどが
話し合って作られた基準です。

ひとり分のスペースは3.5平方メートル以上。
横になって寝返りをうてるくらいのスペースはあります。

トイレの男女比は1:3で
女性トイレを多めに設置する
といったことも書かれています。

2018071604.jpg

これにならって2009年にイタリア中部で起きた地震では
避難所として家族ごとにテントが支給されました。
中を見てみるとゆったりとしたスペースに
ベッドも置かれています。

2018071605.jpg

日本では2011年の東日本大震災の際、
スペースやプライバシーの面で課題が指摘されました。
それ以降、国際基準を参考にする動きが
見られるようになったといいます。

2018071606.jpg

また、避難所ではなく自宅に避難する方もいます。

豪雨で自宅の1階が浸水して2階で生活する場合、
次のような注意が必要です。

防災の専門家によると
まず1階から不審者が入らないようしっかりと施錠する。
もし窓が壊れていたら
ベニヤ板をあてるなど補修してください。
浸水して電気が使えない場合は
電池で動く扇風機などで暑さ対策をしてください。

避難所と違って周りに人がいませんので、
2階にいる家族に何かあったときに
駆けつけてくれる相手を決めておくことも大切です。

被災地では35℃を超える暑さが
少なくとも1週間は続く所があるとの予想もでています。 
体調には十分気をつけてください。

2018年7月 9日

水害でやるべきこと、やってはいけないこと

今回の大規模な水害では、
ご自宅が水や泥につかってしまい、
困っている方も多いと思います。

いま、やっておくと良いこと、
やってはいけないことを、お伝えしたいと思います。
(震災がつなぐ全国ネットワーク作成
「水害にあったときに」より)

2018070901.jpg

まず、もし住んでいる家が浸水してしまった場合、
その被害の様子がわかる写真を撮るのが大切です。

のちのち、自治体からの「罹災証明書」を受けたり、
保険会社に「保険金」を
請求したりする時に必要になります。

水や泥が引いて、安全を確保したのちに、
家の外は4方向から、浸水した深さがわかるように。

そして、家の中の状況も忘れずに
記録するようにしてください。

2018070902.jpg

もし、水につかってしまった自動車があったら、
絶対にエンジンをかけてはいけません。
一見問題なさそうに見えても、
火災や感電の恐れがあります。
むやみに触らずに、修理工場などに相談してください。

2018070903.jpg

また、現金、特にお札は、水や泥に浸かってしまっても
一定の条件はありますが、
銀行で新しい紙幣に換えてもらうことができます。

2018070904.jpg

そして、カビなどが生えやすい季節ですので、
自宅の床下や壁、フローリングなどの乾燥、
消毒が大切になってきます。

詳しいやり方については
「震災がつなぐ全国ネットワーク」
という団体が作成した手引きを、
「水害にあったときに」で検索することができます。

2018年5月28日

悪質タックル、日大再回答に関学は?

26日に行われた関学の会見では
日大の再回答書の"矛盾点"が示されました。
そのいくつかを見ていきます。

2018052801.jpg

まず日大は、
再回答にあたり「タックルをした選手に
部として聞き取りができていない」としています。 
これに関学は、
「今回の再回答でもタックルをした選手本人に直接
聞き取りをしていないことは極めて不可解」と憤りました。
 

2018052802.jpg


次に日大は、
「監督・コーチと選手との間に乖離があった」として
悪質タックルを指示していないとしていますが、
関学は、
「1プレー目の悪質タックルを見ていたはずの井上前コーチが
選手をベンチに戻さず慌てるそぶりすらなかったのは
極めて不可解」としています。

2018052803.jpg

また日大は
「『潰せ』『壊せ』という言葉は日常的に使っていて
ケガをさせる意図はなかった」と説明していますが、
関学は、
「『"1プレー目で"潰せ』と条件がついているので
選手が本当にやらなくてはいけないと受け取ったのは
合理的だ」と指摘しました。

2018052804.jpg

最後に日大は、
悪質タックルの原因について 
「選手が精神的に追い詰められた」ためと
結論づけていますが、
関学は、
「選手は会見で詳細に事実関係をふり返っていた。
それを選手の精神状態を原因とするのは
選手の尊厳を損ねるものであり納得できない」
としています。

2018052805.jpg

こうした矛盾点について説明した関学の会見。

日大とは異なる「指導者論」を展開した
アメフト部の小野ディレクターと
鳥内監督の発言も話題になっています。

2018052806.PNGのサムネイル画像

日大側は井上前コーチが厳しい指導をした理由として
「闘志を表に出させるため」という見方を示しました。

この「闘志」について問われた
関学の小野ディレクターは。

2018052807.PNGのサムネイル画像

●関学・小野ディレクター
「コーチとして一番大事なのは
 選手の中に芽生える楽しいという気持ち。
 これはろうそくの火のようなもので
 吹きすぎると消えちゃいますし
 大事に少しずつ大きくしていかなきゃいけない」

また鳥内監督からはこんな発言も。

2018052808.PNG

●関学・鳥内監督
「この事件以来なかなか、
 向こうの選手のことを考えたり
 私のほうがしんどいですよね。
「何か救う方法がないのかなも含めて毎晩、毎晩、
 いろんなことを考えてしまいますよね」

被害者側でありながら
タックルをした選手のことを毎晩考えていると言います。

あの試合から3週間あまりが経ちました。
選手たちが一日も早く
これまで通りプレーできる環境になればと思います。

2018年5月21日

ロイヤルウエディング2018

歴史と伝統のイギリス王室に
爽やかな「新しい風」が吹きました。

2018052101.jpg

2018年5月19日に行われた
イギリスのヘンリー王子と
アメリカ出身のメーガン妃によるロイヤルウエディング。

イギリスの伝統とアメリカの文化が融合する
異例ずくめの結婚式となりました。

2018052103.jpg
この結婚式を
「愛のスピーチ」
「指輪の秘密」
「伝統の花嫁衣装」の
3つのポイントから読み解きます。

まずは世界的な注目を集めた、
ポイント①「愛のスピーチ」。
衝撃的なスピーチでした!

2018052102.jpg
■カリー総裁主教
「愛には力があります
愛は身勝手ではなく、自己中心的でもない
愛は犠牲になることができます
愛は世界を変えることができるのです」

この方は、アメリカ人の総裁主教、マイケル・カリーさん。
アメリカの聖公会で黒人として
初めてトップになった人物です。

2018052104.jpg
白人の父と、アフリカ系の母を持つメーガン妃が、
ヘンリー王子とともに招いたといいます。

2018052105.jpg
主教の手元には、聖書ではなく
タブレット端末が!


■カリー総裁主教
「もし人間が愛のエネルギーをつかむなら、
それは火以来の偉大な発見になるだろう」

「LOVE」という言葉を
およそ70回も繰り返したカリー総裁主教。

2018052107.jpg
この情熱的な「愛の説教」に、ロイヤルファミリーは
あっけにとられた表情を見せます。
さらに、話は思わぬ方向に。

■カリー総裁主教
「愛が唯一の道であるとき、
おなかをすかせてベッドに入る子どもは
この世からいなくなるでしょう」

これには、日本で見守っていた人たちからも...

2018052109.jpg
と言った声が。

「愛のスピーチ」はおよそ14分にも及びました。

2018052110.jpg
そして、このあと披露されたのは
アメリカの名曲「スタンドバイミー」

黒人のみで結成された聖歌隊が
ゴスペルを披露します。

このように、伝統を打ち破る新たな試みが
ふんだんに取り入れられたロイヤルウェディング。

続いてはポイント②「指輪の秘密」です。

2018052112.jpg
このシーン、お互いに見つめ合いながら
結婚指輪を交換するという
日本の結婚式でもおなじみの場面ですが...

2018052113.jpg
これは2011年、兄のウィリアム王子の結婚式。
この時は、キャサリン妃に指輪をはめただけで、
指輪の交換はしませんでした。

実は、これまで王室の男性は
「結婚指輪をしない」というのが慣習でした。

ヘンリー王子はその伝統を変え
指輪を着けることを自ら選択。
これも異例な場面だったのです。

ヘンリー王子とメーガン妃の
斬新な考えが取り入れられた一方で、
「イギリスの伝統」も大切に受け継がれました。

ポイント③「伝統の花嫁衣装」
こちらの映像をご覧ください。

2018052116.jpg
ウェディングドレスのデザインを担当したのは
有名ブランド・ジバンシィのイギリス人女性デザイナー。

長さ5メートルのベールにあしらわれているのは、
イギリス連邦に加盟する53か国の花などです。

2018052118.jpg
ティアラは、この日のためにエリザベス女王が
メーガンさんに貸し与えたものでした。

2018052115.jpg
このように、イギリスの伝統を守りながらも、
アメリカの文化が大胆に取り入れられ、
「ユニークで多様性にあふれた」ロイヤルウエディング。

1000年の歴史を持つイギリス王室に
「新しい風」を吹かせました。

ページの先頭へ ▲