櫻井翔 イチメン!

2018年4月23日

羽生選手パレード "ゴミ少ない"理由

盛り上がった羽生結弦選手のがい旋パレードですが
パレード終了後の"ある出来事"も
話題になっています。

スタジオにはゴミ袋を6つ用意しました。

2018042301.jpg

仙台市によると10万人を超える人が
各地から集まったにもかかわらず
パレード終了後に回収されたゴミは
たったのこれだけだったといいます。

実は大量のゴミを想定して
パレード終了後におよそ1000人もの
ボランティアが活動しました。

しかしパレード終了直後の写真を見ても分かるように
道路にゴミはほとんど落ちていませんでした。

ボランティアの1人はツイッターで
「ゴミひとつ落ちていませんでした。
 マナーが素晴らしく感動しました」と、驚きの声。

2018042302.jpg

なぜゴミは少なかったのでしょうか?

実はパレードの前日、羽生選手のファンは
こんなツイートをしていました。

「とりあえず、ゴミ袋3人分持ってぐから
 みんなもゴミ袋持ってくべ
 そいでちゃんと持って帰っぺ」

また別のファンは
パレードに持って行くゴミ袋の画像をアップ。

「ゴミを持ち帰ろう」というファン同士の呼びかけが
SNSで拡散されたことが
ゴミが少なかった理由とみられています。

2018042303.jpg

このエピソードについてネットでは
「羽生選手の人柄と真摯な対応が
 ファンのマナーも良くしてるのでは」

「このニュースも含めて、素晴らしいパレードだった」
といった声があがっています。

2018042304.jpg

サッカーの国際大会などで
ゴミを拾って持ち帰る日本人のマナーは
海外でたびたび話題になっています。 

2020年には東京オリンピック・
パラリンピックが待っています。

また気持ちの良いパレードができることを
期待したいと思います。

2018年4月16日

シリア攻撃2018

こちらは、
シリアの首都ダマスカス近郊にある、
アメリカなどが
「化学兵器の研究施設」
と主張している建物です。

空爆が行われたあとは、
建物が跡形もなくなっています。

4月7日、
シリアのアサド政権が
化学兵器を使って市民を殺害したとして、
アメリカ主導で行われた今回の攻撃。

アメリカは、
イギリス、フランスと共同で
合わせて105発の巡航ミサイルを発射。
標的の施設に「全て命中した」と発表しています。

実は、この1年でシリアの情勢は
激変しています。

2011年から続く
中東・シリアの内戦は...

ロシアやイランなどの
支援を受けた「アサド政権」、
アメリカやサウジアラビアの
支援を受けた「反体制派」。
さらに、アメリカは「クルド人勢力」も
支援してきました。
そして、
過激派組織「イスラム国」。
この4者による戦いが行われて来ましたが
去年の秋にイスラム国が
主要な拠点をすべて失い
ほぼ壊滅状態となりました。

すると、トランプ大統領は
シリアからの撤退をにおわせ「消極姿勢」に。
一方で、
ロシアの強力な支援が続いた
「アサド政権側」が圧倒的に優勢に。
いま「反体制派」は
非常に劣勢に追い込まれています。

2018041601.jpgのサムネイル画像

こうした中、
今回、攻撃の根拠となった
「化学兵器」は、核兵器に比べて安く簡単に
作ることが出来てしまうため、
「貧者の核兵器」とも呼ばれています。

専門家によると、
欧米では、第一次世界大戦や
ナチスのホロコーストで
「毒ガス」が使用されました。
一般市民にも多大な犠牲を出したため、
「化学兵器に対して非常に敏感」だと言います。

2018041602.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

日本でも、1994年から
1995年にかけてオウム真理教による
化学兵器を使ったテロ事件がありました。

この時使われた猛毒「サリン」や
「VXガス」も元々は
化学兵器として開発されたものです。

2018041603.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

一度使用されれば、悲惨な結果をもたらす
化学兵器を無くそうと
1997年に発効したのが「化学兵器禁止条約」です。

日本やアメリカ、ロシアはもちろん、
今回疑惑を持たれたシリアも含め世界192か国が加盟。
(※2018年2月時点)

「使用」だけでなく
「開発」や「生産」「保有」など幅広く「全面禁止」し
化学兵器の「全廃」を目指しています。

2018041604.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

また、この条約がきちんと
守られているかを厳しく検査する機関として
化学兵器禁止機関、OPCWがあります。
現在、シリアにはこのOPCWの調査団が入り、
「化学兵器が本当に使われたのかどうか」について
調査が行われようとしています。
2018041605.jpgのサムネイル画像

2018年4月 2日

「宇宙ゴミ」って?

2日、宇宙から
「"ある物体"が落下してくるのではないか」と
警戒されていました。 

赤く見える物体が
中国の宇宙実験機「天宮1号」です。

2日、午前9時すぎに大気圏に再突入し
機体の大部分は燃え尽きたとみられています。

2018040201.jpg

実はこの際、
「燃え残った破片が地上に落ちてくるのではないか」と
懸念されていました。

「天宮1号」とは
中国が2011年に打ち上げた
宇宙ステーションの実験機です。

全長およそ10メートル、重さ8.5トンで
大型バスほどの大きさです。

2018040202.jpg

専門家によると中国の計画では
まず「天宮1号」で人を送り込めるかどうかを確認。

「天宮2号」では
一定期間、人が滞在できるかどうかを確認。

最終的には2022年頃に
独自の宇宙ステーション「天宮」を
完成させることを目指しています。

「天宮1号」は実験に成功し役目は終えましたが 
2016年から制御不能になったとみられ
徐々に高度を下げていました。

2018040203.jpg

「天宮1号」の破片が人に当たるおそれについて
宇宙開発を行うアメリカの非営利団体は
「宝くじに当選する確率のさらに100万分の1の確率だ」
として、その確率は極めて低いと予測。

2018040204.jpg

実際にこれまでのところ
破片が地上に落下したといった情報はありません。

実はいま宇宙上には
こうした物体があふれているんです。

地球のまわりを漂う黄色い粒のようなもの。
「宇宙ゴミ」と呼ばれるもののイメージです。

「宇宙ゴミ」とは、使用済みの人工衛星や
破壊されたロケットの破片などのことで
JAXA=宇宙航空研究開発機構によると
10センチ以上の比較的大きなものだけで
およそ2万個あるとされています。

放置しておくと
秒速7、8キロの速さで飛び交うゴミが
気象衛星や船外活動中の宇宙飛行士に
ぶつかってしまう恐れがあるため対策が急がれています。

2018040205.jpg

JAXAは「宇宙ゴミ」となった人工衛星などを
別の人工衛星を使って大気圏に導き
燃やすシステムを実験中です。

また、民間の宇宙ベンチャー企業は
ゴミを捕獲し大気圏に落下して
一緒に燃え尽きる衛星の実用化を目指しています。

2018040206.jpg

JAXAはそもそも「宇宙ゴミ」が発生しないような
制度作りを進めていくことも重要だと話しています。

2018年3月26日

あす佐川氏 証人喚問

ついに「改ざん問題」のキーマンが
「証人喚問」に立ちます。

2018032601.jpg

こちらは、2001年。
小泉内閣で、塩川財務大臣の秘書官に就任した
当時の佐川宣寿氏です。

2018032602.jpg

この頃の佐川氏について財務省内での評価は
「部下に厳しい半面、
上司からの指示はしっかりとこなす人物」
だったといいます。

2018032603.jpg

2017年2月、国会で
「近畿財務局と森友学園の交渉記録は残っていない」
という主旨の答弁を繰り返した佐川氏。

理財局の職員によると、
この頃の佐川氏は、連日、財務省に泊まり込み、
徹夜で答弁の準備と勉強をしていたといいます。

「佐川さんは、麻生大臣に
 迷惑をかけたくなかったのだと思う」
という声もあります。

その佐川氏があす、
「証人喚問」の場に立ちます。

2018032604.jpg

ウソをついても罰則のない
「参考人招致」とは違い、
「証人喚問」ではウソをつくと偽証罪に問われ、
3か月以上10年以下の懲役となる恐れもあります。

佐川氏は果たして何を語るのか?
3つのシナリオが考えられます。

2018032605.jpg

1つ目は、最もサプライズとなりますが、
佐川氏が「安倍総理や政治家の関与」
などを証言するシナリオ。

これまで
「安倍総理や麻生大臣は
全く指示していないし、知らなかった」
としてきた政府の説明が覆されることになります。

2018032606.jpg

2つ目は佐川氏が
「私1人の指示ですべての改ざんが行われた」
と言うシナリオ。
しかし、この場合野党が
「そんなわけない」などと追及するとみられます。

2018032607.jpg

そして、3つ目。
「刑事訴追の可能性があるのでお答えできません」
と佐川氏が繰り返すシナリオです。

しかし、このケースだと何も前に進まず、
国会から「喚問にならない」という声が上がり
大荒れになる可能性もあります。

いずれのシナリオでも、
一波乱起きる可能性があるため、
目の離せない証人喚問となりそうです。

2018年3月19日

"森友問題"集中審議

19日の「集中審議」で議論された
「3つのポイント」を改めて整理します。

2018031901.jpg

まず1つ目はいったい「誰の指示」で
文書の改ざんが行われたのか?ということです。

19日の集中審議では、
当時の理財局のトップだった佐川前局長が
改ざんを「知っていた」ことは確認されましたが、
誰が指示をしたのかということについては、
「調査中」などを理由に
国会では明らかになりませんでした。

しかし、日本テレビの取材で
理財局の複数の職員が佐川前局長から
「改ざんを指示された」という
趣旨の説明をしていることがわかりました。
一方、佐川氏は自分が指示したと認めることに
難色を示しているということです。

2018031902.jpg

2つ目のポイントは
「何の目的」で改ざんが行われたのか?

財務省の説明によると、
佐川前局長の「交渉記録がないのでお答えできない」
などの国会答弁と、
決裁文書とのつじつまを合わせるために、
改ざんが行われたといいます。

2018031903.jpg

しかし、野党は安倍総理の
「私や妻(昭恵夫人)が関係していたということになれば
 総理大臣も国会議員もやめる」
という
「発言をきっかけに改ざんが始まったのでは」と追及。

安倍総理は
「この答弁があるからといって
 書き換えを行う理由、必要性はないものと思われる」
と関連を否定しました。

2018031904.jpg

そして、3つ目のポイント
「なぜ昭恵夫人の名前を決裁文書に載せた」のか?

共産党の小池書記局長が
「なぜ国会議員でもない安倍昭恵さんの動向が、
 文書に記載されているのか」と質問したところ
財務省の太田理財局長は
「それは基本的に総理夫人...ということだと思います。」
と答弁。

2018031905.jpg

すると小池議員は
「昭恵夫人は、国会議員以上に
 配慮しなきゃいけない存在なんですよ」とさらに追及。

これに安倍総理は、
「元の文書を見れば
 財務省が『安倍昭恵夫人が関わってるからそうですか』
 とは、まったくなっていない」と反論。

2018031906.jpg

小池議員は
「昭恵夫人は一度も
 森友学園の問題について語っていない」として
証人喚問を求めました。

ページの先頭へ ▲