櫻井翔 イチメン!

2017年1月23日

「退位」の論点、まとまる

天皇陛下の「退位」について
議論のポイントが絞られてきました。

2017012401.jpg

昭和天皇の崩御にともない
天皇陛下が新しい元号を"平成"とする政令に
署名される様子です。
それから28年...。

2017012302.jpg

83歳になられた天皇陛下の「退位」をめぐる議論が
きょう大きく動きました。

2017012303.jpg

「退位」について話し合う有識者会議は
これまで9回の会合を重ねてきましたが、
きょう論点を整理した結果を安倍首相に提出しました。

2017012304.jpg

明治以降、皇位が継承されるのは
天皇が「崩御」した場合のみでした。

議論の最大のポイントは「退位」を認める対象を
「将来のすべての天皇」とするか、
「今の天皇陛下、一代限り」とするか、です。

2017012305.jpg

NNNが2017年1月20日~22日に行った世論調査では
「将来にわたって退位を認めるように改正した方がよい」
と答えた人が、69.8%、
「一代に限った制度をつくることがよい」
と答えた人が、20.9%。
将来にわたって「退位」を認める制度を
求める意見が多数でした。

では、有識者の報告書ではどうだったのでしょうか?

2017012306.jpg

まず、世論調査で支持が高かった
「将来のすべての天皇を対象とする場合」です。

前向きな意見としては
「高齢の天皇の課題は今後も生じる」こと
などがあげられています。

これに対して、慎重な意見は
「皇位継承者との年齢差、政治社会情勢、国民の意識など
天皇を取り巻く状況は変わりうる」などと指摘しています。

2017012307.jpg

一方、退位を今の天皇陛下の
「一代に限る」場合について。

前向きな意見としては
「その代の天皇の考え方や世論は変化する」
「その時の国会等で判断することが
 国民の意思を最も的確に反映できる」
というものです。

一方、慎重な意見は
今回、退位の基準や要件を明示しないことになるので
「時の政権による恣意的な運用も可能になる」
つまり、政治的な思惑で
左右される可能性があるといったものです。

実はこの報告書の"文字の分量"に注目すると
ある特徴が見えてきました。

2017012308.jpg

こちらは報告書の
「すべての天皇に認める」ことについて書かれた部分です。
赤線よりも左側が「前向きな意見」、
右側が「慎重な意見」です。
比較してみると
すべての天皇に認めることへの前向きな意見よりも、
慎重な意見のほうが圧倒的に分量が多いことがわかります。

ここに盛り込まれている意見の数で見ても
「前向きな意見」が「10」なのに対し
「慎重な意見」が倍以上の「23」あがっています。

全体としては「すべての天皇」に認めるのではなく
「一代限り」に認めるべきとの主張がにじんだ内容となり
世論調査の結果が示す国民の声とは異なっています。

今回の報告書は、今後の議論の参考に作られたもので
これを元に政府や国会が最終案をつめていきます。

この議論は平成の時代やその先の日本に関することですので
ぜひ若い世代の意見も踏まえて進めてほしいと思います。

2017年1月16日

4年に1度の大統領就任式!

2017011601.jpg

こちらはドナルド・トランプ新大統領「役」の男性、
となりにいるのはファーストレディーの
メラニア夫人「役」の女性です。

これは、アメリカの首都、ワシントンで行われた
「大統領就任式のリハーサル」。

男性は陸軍の上級曹長で
「体格」が似ているということで選ばれたそうですが、
トランプ氏に似せるためのこの赤いネクタイは
自分で購入したそうです。

本番の大統領就任式は現地時間の今週金曜日、
1月20日に行われます。

2017011602.jpg

そもそも、大統領の任期は、
アメリカの「憲法」で時刻まで
きっちりと定められています。

その日時が「1月20日の正午」。
この時刻をもって、オバマ大統領の任期が終わり
トランプ大統領の任期が始まります。
そのため「就任式」は1月20日に行われるのです。

2017011603.jpg

大統領が職務遂行に先立って
必ず行わなければならないのが「宣誓」です。

宣誓の文言も、一言一句、
憲法で定められているのですが、
2009年のオバマ大統領の就任式で
まさかの出来事がありました。

「私は"誠実に"大統領の職務を遂行し...」
と言うべき所を、
宣誓を先導する最高裁長官が、
「私は大統領の職務を遂行する"誠実に"...」
と順番を間違えてしまい、
オバマ大統領もそのまま宣誓してしまいました。

2017011604.jpgのサムネイル画像

これが憲法の規定から外れているということで
就任式の翌日、ホワイトハウスで
オバマ大統領は異例の「2度目の宣誓」を行ったのです。

そして、宣誓に続いて行われるのが
「大統領の就任演説」です。

2017011605.jpg

これまで数々の歴史的演説が行われた就任演説。
その内容は大変注目されますが、
史上「最も長い演説」を行ったのが...

2017011606.jpg

1841年、第9代のウィリアム・ハリソン大統領です。
冷たい雨の中、コートも帽子も身につけず、
実に8445語、2時間に及ぶ演説を行ったハリソン大統領。

2017011607.jpg

その演説があだとなり、風邪を引いて
肺炎をこじらせたとされていて、
就任式からわずか1か月後に亡くなってしまったのです。

史上最長の演説を行った大統領は、
史上「最も任期が短かった」
大統領として歴史に名を残しています。

演説が行われたあと、就任式の最後を飾るのは、
アメリカ合衆国国歌「星条旗」です。

2017011608.jpg

2013年、オバマ大統領の2回目の就任式では
世界的歌手のビヨンセさんが登場し
大きな話題となりました。

そして、今回の就任式で国歌を歌うのは、
わずか16歳の女性歌手
ジャッキー・エヴァンコさんです。
アメリカの人気オーディション番組の出身で、
「天使の歌声」と称されています。

一方で、今回の就任式では
出演依頼を断る有名人が続出しているそうです。
イギリスの歌手、エルトン・ジョンさんや、
映画「タイタニック」の主題歌で知られる
セリーヌ・ディオンさんが断ったということです。

2017011609.jpg

また、オバマ大統領の1回目、
2009年の就任式に訪れた観衆は、
およそ180万人と過去最多でしたが、
トランプ新大統領は別の意味で人を集めるかもしれません。

2017011610.jpg

最新の情報では、
今回の観衆は最大で90万人という予測ですが、
一方で、すでに99の団体が「抗議デモ」を計画。
こちらにも数十万人が参加するとみられていて、
前代未聞の事態です。

2017011611.jpg

就任式の後で行われるパレードは、
「車を降りて徒歩で国民の前へ」
というシーンが恒例になっているのですが、
今回はテロやデモを警戒して、
2万8000人が厳重な警備に当たるということです。

波乱含みの大統領就任式。
アメリカはどのような一歩を踏み出すのでしょうか?
以上、イチメンでした。

2017年1月 9日

成人の日2017

きょうは成人の日。
新成人のみなさん、おめでとうございます。

2017010901.jpg

1946年、今の埼玉県・蕨市で行われた「青年祭」です。
こちらが日本の成人式の、さきがけといわれています。
しかし時期は1月ではなく"11月"でした。
「敗戦によって虚脱状態に陥った青年たちに
 明るい希望を持ってほしい」
 という理由で始めたといいます。

2017010902.jpg

その2年後、「おとなになったことを自覚し、
みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」
ことを目的として
国は法律で1月15日を「成人の日」と定めました。

しかし最初のうちはなかなか定着せず
成人式会場となった野球場が
ガラガラだったこともあったようです。

2017010903.jpg

さて時は流れ、2017年の成人式。
前の年より2万人多い全国およそ123万人が
新たに大人の仲間入りをしました。

私が成人式を迎えたのは2002年。
このときはおよそ152万人だったので
この15年で30万人ほど減少しています。

では2017年の新成人のみなさん、
どのような特徴があるのでしょうか?
新成人を対象にした調査を見てみます。

2017010904.jpg

まず「恋愛観」です。
「告白は自分からしたい」という新成人は
男女合わせて25%でした。

次に「仕事観」について。
「出世よりプライベートを優先したい」と考える新成人は
76%にのぼりました。
仕事と生活のバランスを大事にしたいと
考えているようです。

2017010905.jpg

またニュースや話題の情報源として
新成人が利用しているのは、テレビに次いで
ツイッターやフェイスブックといったSNSだといいます。

2017010906.jpg

そして2017年の新成人の最大の特徴は、
選挙制度が変わったことにより
去年19歳で選挙権を持った"初めての世代"ということです。

そこで19歳での投票について
きょう成人式の会場で新成人に聞きました。

■新成人(投票を経験した)
Q:選挙には行きましたか?
「はい、行きました。
 本当にもう大人って感じがしました」

■新成人(投票を経験した)
「自分の意見が反映されるところなので。
 あとちゃんと権利としてあるものなので行くべきだなと
 思って行きました」

■新成人(投票にまだ行っていない)
「行ってないです、選挙。
 投票して世の中がやっぱ変わっちゃうじゃないですか、
 自分の1票で。
 だから甘い考えじゃまだ投票できないかなと思いました」

■新成人(投票にまだ行っていない) 
「大人になって政治のことわかってからじゃないと
 軽い1票になってしまうかなというのがありまして」

「投票に行っていない」という人では
「選挙に行くにはまだ早い」と
考えている人が多かったんですね。
一方で、成人になったのをきっかけに
「次は行きたい」と話していた人もいました。
 
最後に、こんな質問をしてみました。
「日本の未来は明るい?それとも暗い?」です。

■新成人(日本の未来は"明るい")   
「2020年に東京オリンピックもあって
 盛り上がっているので。
 他の外国の方(観光客)とか来てくれているのも
 いいことだと思う」

■新成人(日本の未来は"暗い")
「親世代がバブルの人なんでお金を振らないと
 タクシー止まってくれないとか聞いた。
「(それと比べると今は)
 お金が社会に循環していないんじゃないかなと」

■新成人(日本の未来は"暗い")  
「私、もう子どもがいるので保育園探しをしているけど
 なかなか待機児童の問題があって見つからなくて」

■新成人(日本の未来は"明るい")
「グローバルな意味で日本が世界に進出していければ。
 日本人のジャパニーズ・スピリットを保ちつつ
 それをいかに海外に発信できるかが
 カギになると思います」

新成人100人に聞いた結果がこちらです。
「明るい」と答えた人が61人に対し、
「暗い」と答えた人は39人でした。

私が成人式をしたのは、ちょうど15年前。
その頃にはこのような場にいるとは、
そして10年も続けられているとは、想像しませんでした。
夢というのは、自分の想像を超えることがあるので
新成人の皆さんには、自分の可能性を狭めることなく
チャレンジしていってもらいたいと思います。

2016年12月19日

給付型奨学金

2016121901.jpg

きょう、政府は2017年4月にもスタートさせる
初めての「給付型奨学金」について、詳細を発表しました。

その内容を見る前に、まずは
「給付型奨学金」のそもそもをおさらいします。

2016121902.jpg

大学などで学ぶ人をサポートする「奨学金」は、
大きく分けて「貸与型」と「給付型」の2つがあります。

貸与型は、卒業後に返済が必要なもので
「ローン」と同じです。
文科省が所管する日本学生支援機構で
利子の付く奨学金を借りた人の
平均総額はおよそ「343万円」になります。
これが、借金として卒業後の負担となるのです。

一方「給付型」は、返済する必要がなく、
税金によって支えられます。
現在日本にはこの
「国が運営する給付型奨学金がない」のです。

2016121903.jpg

実は、先進国のほとんどが加盟する
OECD=経済協力開発機構の34か国の中で
「国が運営する給付型奨学金がない」のは
日本とイギリス、アイスランドの3か国だけ
という調査があります。

私は今年の夏、
経済的な理由で大学への進学を諦めざるをえなかった
女性を取材していました。

穂村春さん(仮名)は、中学生の時に両親が離婚。
母親が家計を支えていましたが、突然倒れ入院しました。
大学に合格した穂村さんは、奨学金の申請をしましたが
悩んだ末、大学進学を断念することに。

■櫻井 
「合格通知はどうしたんですか?」

■穂村さん
「ビリビリにやぶって捨てちゃいました」

理由は奨学金が「返済が必要」な"貸与型"で、
大学卒業後に250万円の借金を
背負うことになるためでした。

■穂村さん
「卒業した後が恐ろしいんじゃないかなと思って」

こうした状況を取材した私は、
参議院選挙の投開票当日の2016年7月10日、
安倍総理にこんな質問をしました。

■櫻井
「給付型の奨学金についてなんですけれども、
 マニフェストに記載はされていますけど
 時期については明示されていなかったと思います。
 来年度から始められますか?
 それとももう少し先になりそうですか?」

■安倍総理
「給付型の奨学金については、
 来年度の予算編成の中で
 実現していきたいと考えています。
 具体的な検討に
 さっそく明日(7月11日)から入っていきます」

この時、安倍総理は初めて
給付型奨学金の創設時期を明言しました。

そして、きょう発表された、
日本で初めての「国による給付型奨学金」。
そのポイントがこちらです。

2016121904.jpg

まず、給付を受けられるのは
経済的に困難で住民税を免除されている
「住民税非課税世帯」の学生です。

例えば、夫婦、子供2人のケースだと
親の年収「およそ295万円以下」が基準になります。

2016121905.jpg

また、給付の条件として「出身高校」の推薦が必要で、
「成績が優秀」であること、
「学業以外での大変優れた活躍」
などが求められています。

2016121906.jpg

給付される金額は、国公立に通う学生は月2万円。

私立に通う学生、
下宿先から国公立に通う学生は月3万円。

最も経済的に大変な下宿先から私立に通う学生は
月4万円が基準となっています。

2016121907.jpg

本格的な制度のスタートは
2018年度の入学生から。
特に経済的に苦しい学生については、
2017年度から一部先行して実施されます。

今回、対象となるのは年に2万人。
希望する人に行き届くのに十分とはいえない規模です。

この制度は国民の税金で、
最終的にはおよそ200億円を投じて
支えていくことになります。

今回ようやく初めの一歩を踏み出した
給付型奨学金制度。
「大きな1歩」につながっていってほしいと思います。

2016年12月12日

日露首脳会談で"平和条約"は...?

日露首脳会談がいよいよ今週木曜日に迫りました。
北方領土問題に進展はあるのでしょうか。

きょう総理公邸。
かつて北方領土に住んでいた元島民の方々が
「ふるさとの島に戻りたい思い」などをつづった
プーチン大統領に宛てた手紙を安倍総理に手渡しました。

そのプーチン大統領の
「来年のカレンダー」があります。
ロシアだけでなく日本でも売れているそうなんです。

中には巨大魚を吊り上げて誇らし気な様子や、柔道着姿。
プーチン大統領は、実は8段の腕前だといいます。
この柔道を通してプーチン大統領と親交を深めた
日本人メダリストがいます。

ロサンゼルスオリンピック・柔道で
金メダルを獲得した山下泰裕さんです。

まず話してくれたのは2000年の来日時に
柔道の総本山・講道館を訪れたときのこと。

■山下泰裕氏
「(プーチン大統領は)『講道館に来ると
 我が家に帰ったような安らぎを覚える。
 講道館が世界の柔道家にとって心のふるさとだ』
(と話した)」

さらにその5年後の来日では
気になる発言を聞いたといいます。

■山下泰裕氏
「ごく限られた人の食事会で
 大統領がいきなり乾杯のときにですね、

2016121201.jpg

『この難しい問題も
 両国が知恵を絞れば必ず解決できる』
『1日も早くその日が来ることを願って乾杯しましょう』
 で食事会を始めた」

大統領は、北方領土問題について
「知恵を絞れば必ず解決できる」と話したといいます。

今回の首脳会談で焦点となる北方領土問題に
動きはあるのでしょうか。

2016121202.jpg

最大のテーマは、北方領土問題の解決を含む
"平和条約"を結ぶことに向けた交渉です。
そもそも現在、日本とロシアの間に
"平和条約"は結ばれていません。

というのも終戦後の1951年、
日本、アメリカ、イギリスなど49か国が
「サンフランシスコ平和条約」を結びました。
この条約は日本との戦争で
奪ったり奪ばわれたりした領土をどうするか、

つまり「どこに国境線を引くか」を決めたものでした。
当時のソ連は話し合いには参加していましたが
中国が参加していなかったことなどを理由に
署名しませんでした。

2016121203.jpg

その5年後の1956年。
日本とソ連は両国の国交を回復する
「日ソ共同宣言」に署名しました。
ところがこの宣言には領土問題、
つまり「どこに国境線を引くか」は
盛り込まれませんでした。

2016121204.jpg

「日ソ共同宣言」の中では
ソ連が占領した北方領土4島のうち、
「歯舞群島及び色丹島の2島をソ連から日本に引き渡す」
という約束が書かれています。
しかし実際に引き渡すのは
「平和条約が締結されたあと」という
条件がついているんです。

一方、日本政府はあくまで、択捉・国後を加えた
4島すべてが「日本固有の領土」という立場です。
もし日ソ共同宣言の"文字通り"平和条約を結んでしまうと
返ってくるのは「2島のみ」で
交渉が終わってしまうのではないかという
懸念があるのです。

2016121205.jpg

実は安倍総理、
これまでにプーチン大統領とは
日露の首脳会談としては極めて多い
15回もの会談を重ねていて
安倍総理は「プーチン大統領との信頼関係を培っている」
としています。

2016121206.jpg

北方領土問題については、
「私の世代でこの問題に終止符を打つ決意で臨む」
と話しています。

注目の首脳会談は木曜日には安倍総理の故郷・山口県で、
翌・金曜日には東京で行われます。

ページの先頭へ ▲