板谷由夏 LIFE

2017年10月27日

医療的ケア児の支援施設

東京・世田谷区にある施設をたずねました。

中に入ると...
開放的な空間が広がります。

板谷
「明るい」

「自然光たくさん入る感じで日当たりがいいですね」

去年4月にできた、「もみじの家」。

生活する上で、
酸素吸入や痰の吸引などの医療行為が欠かせない
いわゆる"医療的ケア児"たちを一時的に預かる施設です。

板谷「こんにちは~ 初めまして」

ここで出会ったのが、桑原恵子さん。
そして。

「もみじの家」を利用 桑原恵子さん(42)
「娘の彩羽です」

彩羽ちゃん、8歳です。

彩羽ちゃんは、
脳室などに髄液が過剰にたまり、
頭が大きくなる"水頭症"という病気。

8歳になった今も首がすわっておらず、
生活のすべてに介助が必要です。

普段の生活がどれだけ大変なのか、
自宅にうかがってみると...

彩羽ちゃんの母 恵子さん(42)
「休んでる時間はあんまりないんですけど」

1時間に1回ほどの、
痰の吸引が欠かせない彩羽ちゃん。
そのため...

彩羽ちゃんの母 恵子さん(42)
「台所で用事しながら咳してないかなとか
聞き耳をたてながら」

お母さんは、彩羽ちゃんの世話をしながら家事。

夕方2時間ほど、訪問看護師などに来てもらい、
その間に、急いで夜ごはんの準備をします。

彩羽ちゃんの母 恵子さん(42)
「この時間にやっとかないと」

この日のメニューは、豆腐ハンバーグと、おみそ汁。

しかし、彩羽ちゃんは
直接口からごはんを食べることができません。
          
そのため...

ミキサーで細かくつぶし...
チューブでおなかに入れていきます。
この日はお兄ちゃんが手伝ってくれました。

24時間365日休みなく、子どものケアをおこなう家族。

そんな家族が少しでも休めるよう、
"宿泊"という形で、子どもを預けることができるのが、
この「もみじの家」です。

彩羽ちゃんの母 恵子さん(42)
「お友達いっぱいいるよ いろちゃん 」

彩羽ちゃんの母 恵子さん(42)
「医療的ケアがある子どもを
なかなか預かってくれる施設っていうのがないので
安心だけでなく
彩羽もここで楽しんで過ごせるってことが
私もすごくうれしい」

厚生労働省の調査研究によると
医療的ケアを必要とする子どもの数は、
この10年で2倍近くに。

医療技術の進歩によって救われる命が増えたためです。

もみじの家は、0歳から19歳未満が利用でき、
宿泊費用は1泊2000円から5000円。
            
看護師や保育士などがおり、
24時間体制で子どものケアをしてくれます。

彩羽ちゃん、今回は3泊4日のお泊まりです。
             
彩羽ちゃんの母 恵子さん(42)
「しばらくお別れだけどね
 ママもリフレッシュしてきます」

板谷
「ちょっと離れるのがわかるのかな?」

彩羽ちゃんの母 恵子さん(42)
「ちょっと察知してるかも」

板谷
「なんか察してますよね」

お母さんと離れることを感じ取っていました。

このあと、彩羽ちゃんは
どのように過ごすのでしょうか。

板谷
「何か始まってます 集まってますね」

子どもたちが一か所に集まり、
まずは、自己紹介をします。
             
保育士
「私の名前は、くわばらいろは です」
 2017102501.jpg     
そして始まったのは、読み聞かせ。
絵本が大好きだという彩羽ちゃん。
時折、笑顔がこぼれます。

この日は、夜9時頃には消灯。

そして、翌日。

保育士
「みなさん、おはようございまーす」

"朝の活動"が始まりました。

この日のテーマは"うごく"。
行われたのは、ミニ運動会です。

普段、他人とふれあう機会の少ない  
医療的ケア児たちが、
みんなで一緒に過ごす貴重な時間。

彩羽ちゃんも、楽しそうです。

輪の中に加わることで、
"社会性が育まれる"といいます。

彩羽ちゃんの母 恵子さん(42)
「おはようございまーす」

4日目の朝、自宅に帰る日。

彩羽ちゃんの母 恵子さん(42)
「お迎えきたよー
 パパも一緒にきたよー」

家族と久しぶりの再会に、
彩羽ちゃん、とってもうれしそう。
2017102502.jpg


彩羽ちゃんの母 恵子さん(42)
「母と久しぶりにゆっくり過ごせて
 楽しい時間が過ごせました
 母にも『ありがとう』って言われて」

日々、子どものケアに
追われる家族がホッと一息つける時間。

しかし、こういった施設が普及するには、
まだまだ課題もあります。

もみじの家 ハウスマネージャー
内多勝康さん
「各地に短期入所ができる施設はあることはあるんですが
 絶対数が全く足りない」

要因のひとつは、経済的な理由です。

もみじの家も、
国の制度として支払われる障害福祉サービス費や、
自治体からの補助金だけでは
人件費などをまかなえず、
運営資金の約4割が
寄付で支えられているといいます。

もみじの家 ハウスマネージャー
内多勝康さん
「医療処置を毎日毎日
子どもたちの命を守るために提供しているわけなので
福祉の制度もそうなんですが
医療の制度からもしっかりと支えてもらえると(いい)
医療が必要 福祉も必要 そういう子どもたちですから」

2017年8月30日

同行援護

視覚障害がある女性の元を訪ねました。

板谷「こんにちは。」

藤井さん(30代)は弱視で、
視野がほとんどありません。

高校生の時に、網膜色素変性症を発症。
徐々に視力を失い、
20歳の時には、
ほとんど見えない状態に。
藤井さんの視野は、わずか1センチ四方ほどです。

通常、このように見えるリビングの様子。
しかし、藤井さんに見えるのは、
中心の、ごくわずかな部分だけ。
しかも薄暗く、色も判別しにくい状態だといいます。
                        
藤井「人にぶつかったり、段差や階段で転んで
落ちてしまったり
(外に)出るのが怖くなりましたね。」

板谷「そういう思いをするとお出かけするのも
やめようかなと思いますよね、きっと。」

藤井「そうですね。」

家に引きこもりがちになったという藤井さん。
ラジオや音楽を聞いて過ごす日々が続いたといいます。

その生活から抜け出すきっかけになったのが
あるサービスでした。                              
どのようなものなのか、同行させてもらいました。

ガイド「こんにちは。本日ガイドを担当します岡本です。」

藤井 「よろしくお願いします。」

待っていたのは、ガイドの岡本さん。

ガイド「どちら側にお立ちしましょうか?」

藤井 「左側にお願いします。」

ガイドさんの肘(ひじ)をつかみ、
行きたい場所へと案内してもらいます。
これは、同行援護という障害福祉サービスの1つ。
視覚障害者の外出をサポートするものです。

この日藤井さんは、
女性のガイドを依頼しました。
というのも...

訪れたのは、ショッピングモール。
藤井さんは洋服を購入したいと考えていたからです。

どのように買い物をサポートするのでしょうか。

藤井「まだ暑いので、今からでも着られるけど、
秋っぽいもの。」

まずは、利用者の希望を聞き、
イメージにあいそうな商品を探します。

商品を見つけたら、藤井さんに手渡し、
形や質感を認識してもらいます。
視覚障害者にとって触れることが、
見る代わりになっているのです。

藤井「透け感はありますか?」

ガイド「透け感は全くないです。
綿が58%でリヨセルという繊維が42%入ってる。」

素材や値段など、さわっただけではわからない
視覚的な情報をガイドさんが読み上げます。

さらに、柄の形や大きさ。
色味なども、言葉で伝えるのですが...

板谷「グリーンといっても少し深いグリーン。」

藤井「森の木みたいな感じですか?」

ガイド「深い森ですね、森でも。」

板谷
「松みたいな。
(イメージしてもらうには)ボキャブラリーがすごく必要ですね」

気になるものが見つかったら、試着。
最後に、見た目を確認してもらいます。

板谷「かわいい、かわいいよ。」


藤井さんにとって、年に数回の買い物。
ガイドしてもらうことで楽しめるようになったといいます。
                              
さらに、買い物の他にカフェへも立ち寄り。
メニューを読み上げてもらうのも、
同行援護なら、気兼ねなく頼めます。

藤井「クレームブリュレを
(トッピングで)つけてもいいですか。」

パンケーキのトッピングに
クレームブリュレ。
初めての組合せを試しました。
同行援護を利用し始めてから、
気持ちにも変化があったといいます。

藤井「(以前は)用事を済ませてすぐ帰っていたけど
寄り道したりブラブラできるようになって
気持ちが前向きになった。」

2011年に始まった同行援護は、
国が行う障害福祉サービスの1つ。
自治体の福祉事務所などが窓口となり、
利用者からの申請を受付けます。

すると、同行援護を行う事業所などが紹介され、
ガイドの派遣を直接依頼することで、
サービスを利用することができます。

利用料は、国と自体で9割を負担。
利用者は、原則1割です。
条件によって異なりますが
1時間あたりおよそ200円を負担します。

しかし、広報が十分でないこともあり
藤井さんが同行援護を知ったのは、
制度が始まってから2年後。
視覚障害者に、どう知ってもらうかが課題です。
                              
さらに、同行援護が抱える課題が、もう1つあります。

日本盲人会連合
「(同行援護の)事業所に所属している
従事者の数が
非常に少ないという実態がある。」

専門の資格を持ち、
ガイドする同行援護者の不足。各事業所が、
人材確保や育成に力を入れているといいます。
                              
今月行われた同行援護の資格取得のための講習。
中には事業所から補助を受けて受講する人も。

外出の演習に私も参加しました。

LIFE20170830no1.jpg

まず、視覚障害者役とガイド役にわかれて、
電車の利用を疑似体験します。

私が不安を感じたのは、電車に乗り込む時。

ガイド役「手すりをご案内します。右側ですね。」
板谷「わ~、怖い。」

落ちてしまうのではという不安から
足を前に出すのを、躊躇(ちゅうちょ)してしまいました。
さらに、乗り込んでからも...
座席の位置を把握するのも、ひと苦労。
しかも、周囲の様子は全くわかりません。

板谷「余裕がない。」

視覚障害者の気持ちを理解し、サポートの仕方を考えます。

ひとつ隣の駅に移動したところで、疑似体験を終えました。

板谷「音とかニオイとか気配とか風とかに
全神経を集中させないと自分の状況がわからないから
ちょっとの外出もすごく疲れる気がします。」

LIFE20170830no2.jpg

同行援護は、20時間の座学と演習で
サポートの仕方を学び、資格を取得。
その後、人手不足の現場で、即戦力として働き始めます。

2017年7月19日

総社市 障害者千人雇用

写真

※この動画の公開は終了しました

人口6万8000人、岡山県第4の都市、総社市。
そこにある、工場を訪ねました。

板谷「こんにちは。よろしくお願い致します。」
社長&会長「よろしくお願い致します。」

ここは、60年以上の歴史を持つ金属加工会社です。
黙々と作業に取り組むのは、小野寺一紀さん、19歳。
生まれつき知的障害があり、足も少し不自由です。

板谷「小野寺さんはどういう作業を
されているんですか?」

垪和社長「アルミニウムを金型の型から抜き出して、
成型を取りあげている作業です。」

高い室温のなかトラクターなど主に農業機械の部品
を取り出す根気のいる作業です。

板谷「こんにちは。板谷です。
小野寺さん「こんにちは。小野寺です。

LIFE.jpg

板谷「お仕事はどうですか?毎日」
小野寺さん「毎日来て楽しいです。楽しいです。」

その仕事ぶりは、真面目そのもの。
例えば、タイムカードを見せてもらうと...

垪和社長「8時から仕事なんですが、
だいたい7時10分台が多いです。」
板谷「本当だ。7時15分...。
ほとんど7時20分前までには来ているんですね。

野寺さん、2016年の4月に就職してから
無遅刻・無欠勤を続けています。

実はこちらの会社、障害者雇用の経験は殆どナシ。
慢性的な人手不足を解消するため
雇用に踏み切ったのだといいます。

垪和社長「やっぱり最初は不安がありましたが、
小野寺君を雇って、雇用して、
障害者に対する考え方は変わりましたね。」

さらに、新たな発見も。

垪和社長「色々なところや現場を見ていくなかで
障害者の方でもできる作業がたくさんあるし
そういったところを見極めながら、障害者の方
積極的に入れていきたいなと思っています。


小野寺さんの給料は一般社員と同じ額。
一つの作業に集中できる強みを生かし、
頼もしい戦力となっていました。

目標であった1000人を達成しました。
小野寺さんが就職できた背景にあるのは、
総社市が2017年5月に達成した
「障害者千人雇用」政策。

2011年、およそ180人だった障害者雇用を
1000人まで増やしたのです。
しかし、達成までには大きな壁も。

片岡市長「(政策スタート)当時は
就労斡旋権というものがハローワークの
職員さんだけのものだったと
いうところで
障害ある方の情報を我々が
一番よく知っている
んですが、
知っている我々が就労のお手伝いをできないポストに
あるというのが、ものすごく大きな壁ですね。
板谷「一番の壁ですね。」

一般的に障害者雇用を担うのは、
国の機関であるハローワークです。

一方で、障害者に関する情報は
市の福祉課が多く持っていました。

しかし、両者は情報交換ができず
障害者雇用は進まなかったといいます。

そこで総社市は、ハローワークと協定を結、
障害者雇用を担う「障がい者千人雇用センター」を設立。
それぞれ職員を派遣しました。

そして、障害者の千人雇用を目指し
雇用してくれる企業の開拓と、
採用後のアフターケアに力を入れたことにより
雇用が進んでいったのです。

企業開拓を担った、前田光彦さん。

前田さん「お世話になります。
いつもお世話になっております。


ねらいは従業員50人未満の会社でした。
というのも実は法律では、
従業員50人以上の企業にのみ
障害者雇用の義務を課しています。

しかし、総社市内にある2000以上の企業のなかで
従業員50人以上の所はほとんどありません。
障害者雇用を増やすには、
雇用義務の「ない」企業に
協力してもらわないと
難しいのです。

どうやって協力を得たのでしょうか。

前田さん「訪問の会社だけなら200社以上、
地道に回らして頂きました。
たくさん色々な企業さんと顔を合わせて、
仕事の内容とかを見
せて頂いて、この方なら、
もしかしたら力を
発揮できるのではないかということを
踏まえ
て、色々探している形ですかね。」


企業のニーズと障害者の個性をマッチングさせることで、
中小企業でも雇用者数は伸びていきました。
千人雇用センターが重要視するもう一つの取り組みが
障害者を雇用した企業へのアフターケアです。

関係長「
こんにちは。どうぞ。」
職員「○○さんのことが気になっていたんですよ。」
関係長「今実際フルタイムで本人も
"頑張れます できます"ということで
(ハローワークと千人雇用センターが)
一緒に
なって問題解決に取り組んで頂いています。」


企業の様々な相談に乗ることで、
障害者の長期雇用を
目指しているといいます。

さらに、総社市が独自に運営する
乗り合いタクシーも障害者雇用を後押ししています。

電話で予約すれば家の前に迎えに来てくれて
職場まで送ってくれる仕組み。
料金も200円からと格安で、
特に体の不自由な方達の通勤を支えていました。

2016年から、金属加工会社で働く小野寺さん。
その姿に、母親の由紀子さんは...

由紀子さん「最初はちょっと想像が
出来なかったですね。
すごいと思いますよ。」

(Q.最近嬉しかったことは?)
由紀子さん「母の日に食事をおごってくれたことかな。
やりくりしているなかで、おごってくれたのはうれしかったですね。


様々な改革が実を結び実現した障害者千人雇用。

この総社市の取り組み、
他の自治体にも
波及していきそうです。

2017年6月 7日

婚活

先週、都内で開かれた
婚活女性向けのセミナーを訪ねました。

板谷「花嫁修業のお金塾。行ってみます。」

結婚相談所が主催するお金セミナー。
参加者は、20代後半から30代の婚活中の女性たち。
彼女たちが抱えていたのは、結婚生活への不安です。

婚活歴3年の女性(31)
「(結婚生活が)怖いっていう思いがある。
お金のこと話し合えるかなとか
どうやって話し合っていったらいいのかな

あれもこれも(考えると)無理な気がする。」

婚活歴3年の女性(38)
「共働きの場合、
財布の管理をどうしたらいいのかが気になる。」

セミナーでは、結婚後の家計管理を学ぶことで、
不安を解消していきます。

講師「(共働きの家計管理で)何か悩みは?」

板谷「あの人(夫)は貯金あるかなと思ったりします。」

講師「相手がためているだろうと思って、

自分は何もしていない状態で
お互いにそう思い込んでいる状態が、一番怖い。」

実はいま、婚活中に
こうした結婚生活に役立つスキルを学ぶ講座が、
人気だといいます。

婚活男性向けには、
イクメン講座が行われていました。

参加者が身に着けているのは、
重さ10キロの妊婦ジャケット。
臨月の時の生活を、疑似体験します。

婚活歴3年の男性(36)
「いや~これは、しんどい。寝られないですね。」

実際に体験することで
未来の妻をどうサポートするかを学びます。

そして育児の練習も。
婚活中、女性にイクメンをアピールするのも狙いの1つ。
さらに...。

講師「(婚活中の人は)結婚観が漠然としていて
いつかいい人がいれば結婚したいと
思っている人が8割ぐらい。
父親になって子育てしていくイメージを体験することで
結婚観を明確にしていくことが大切だと感じています。」

婚活中の世代が育った家庭の多くは、
男性が働き、女性が専業主婦。

しかしいまは、共働きの家庭が一般的となり、
価値観が多様化しました。
そのため、結婚生活をイメージしにくく、
婚活が長引く人も多いといいます。

そんな中、婚活疲れから
うつ病を発症する人がいま、増えているといいます。


婚活うつの治療をしている
伊藤由紀さん(仮名)、39歳。

31歳の時から結婚相談所で
本格的に婚活を始めたという伊藤さん。

フルタイムで仕事をしながら、
これまで100件以上、お見合いをしてきたといいます。

いまは、活動を少なめにしているそうですが、
積極的に婚活をしていた頃の
スケジュール帳を見せてもらうと...。

板谷「わ~、1か月ほとんど埋まってる。」

婚活うつの治療をしている伊藤さん(39・仮名)
「空いてる時間をつくるのが不安になってきちゃって。」

伊藤さんが36歳の時の1か月の予定を見てみると、
緑のハートは、お見合いなど
シールの色で婚活の種類を色分け。

この週の活動は...5日。
しかも土曜日のお見合いパーティは、2本立てです。

しかし、出会った人と1、2回デートしただけで
終わることも多かったといいます。

婚活うつの治療をしている伊藤さん(39・仮名)
「ダメでしたってくることが続くと、
見た目がダメだったのかなとか
会話かな性格かなと自分自身を責めてしまう。
理由を見つけようとしても見つけられないから
余計に落ち込んでの繰り返しでした。」

出会いの機会が多いほど増える、お断りの数。
お見合いやデートの時も
いつ連絡が途絶えて断られるか、常に緊張した状態。

仕事中も連絡がないか気になって、
頻繁にケータイをチェックしていたという伊藤さん。
仕事でミスが増え、夜も眠れなくなっていったといいます。

そして、日常生活を送るのが難しくなり、
メンタルクリニックへ。
そこで、うつ病の診断を受けました。
現在も月に1度、通院を続けています。

婚活うつの治療をしている伊藤さん(39・仮名)
「頑張っても先が見えないのが不安で、
どうしたら結婚できるのかわからなくなってしまった。」

終わりの見えない婚活。
将来への不安がいまも、続いているといいます。


では、婚活うつを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。

医師「婚活そのものが、
ストレスが高いものになりうることを

理解した上で婚活をするのがよいのではないか。
眠れないとか人と会うのが億劫になるとか
心と体に異変を感じた場合は、前兆と考えてもいいので、
婚活を休んだりスケジュールを見直して、
疲れをコントロールすることが大事だと思います。」

2017年4月19日

聴導犬の仕事とは

写真

※この動画の公開は終了しました

盲導犬に比べるとあまり知られていない、聴導犬。目覚まし時計から赤ちゃんの泣き声まで、様々な音を伝える、その仕事ぶりを取材しました。

ページの先頭へ ▲