髙橋大輔 SPOTLIGHT

2017年4月20日

ラルク アン シエル

2日間で11万人を動員した、
L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)の東京ドームライブ。

■L'Arc~en~Ciel リーダー tetsuya
「良い曲を書いても、ライブが良くないバンドはダメだと思うので」

彼らがこだわった、結成25周年の大型ライブ。
その舞台裏を取材した。

ライブ開始3時間前。
入口は、開場を待つファンであふれかえっていた。

170420larc01.png

髙橋はドームの中へ。

■髙橋
「すごい広いです」

まず目に入ったのは、アリーナに設置された巨大ステージ。

会場はこの日5万5000人を収容する、日本最大級のドーム。

■髙橋
「だいぶステージに近づいてきたんですけど、本当にスクリーンの迫力がすごいです」

170420larc02.jpg

高さ15メートル以上、幅は20メートルを超える巨大スクリーン。
大きさも形も違う17のスクリーンが設置されていた。

多彩な演出ができる反面、こんな苦労も。

■映像担当スタッフ
「こういう風に全体を使って1つの映像になっているので、結構難しくて」

それぞれ違う角度で設置されているため、
1つの映像を見せるのにギリギリまで調整したという。

さらに。

■髙橋
「見てください、大きい何かが飛んでいます」

頭上を飛ぶのは、車型の巨大飛行船。

170420larc03.jpg

天候の影響を受けないドームならではの演出だ。

そして、今回の演出の目玉を特別に体験させてもらった。

髙橋がのぼったのは、メンバーが立つステージ。
すると、ステージの先端が突然浮かび...。

■髙橋
「動き出しました!」

170420larc04.jpg

ステージが観客の方へ移動。

アリーナを縦断するように観客の頭上を動いていく。

■髙橋
「(ステージの)下が透けているので、
非常に盛り上がるんじゃないでしょうか。上を通っていく姿って。
水族館では魚が通るのは見ますけど」

11年前、同じ東京ドームでのライブ映像では、
メンバーは演奏をやめて、カートでゆっくり移動していた。

■ステージ機構担当スタッフ
「(今回は)みんなのところに全員で演奏しながら動いていく演出をしたいと。
客席が大きいので、その分大きいものを動かせる」

離れた観客に近づくこの演出。
L'Arc~en~Cielは、今回初めて取り入れた。

演出の進化は、ほかにも。

全ての客席に用意されたのはリストバンド。

170420larc05.jpg

取り付けられたLEDライトがライブ中に光る仕掛けで、
色やタイミングは全てプログラミングされている。

ペンライトが主流だったこれまでのライブ。
最近はリストバンドを取り入れるライブが増えている。

進化するライブ演出。
観客の心を、どう掴むのだろうか。

ライブが幕を開けた。

すると、曲に合わせてリストバンドが...。

■髙橋
「あ、光りました。おぉ!」

プログラムされた鮮やかな光が、会場全体を彩った。

170420larc06.jpg

■髙橋
「光の演出で盛り上がりますし、一緒に自分たちが
(ライブを)作っているような気持ちにさせてくれますね」

さらにスクリーンには、映像だけでない仕掛けも。

車が映像から消えていくと、
スクリーンから飛び出したかのように、あの巨大飛行船が会場に現れた。

そして、いよいよ。

■髙橋
「ゆっくりゆっくり近づいてきています」

見せ場となる、動くステージ。

メンバーが観客の頭上を演奏しながら進んでいくと、会場の興奮も最高潮に。

L'Arc~en~Cielは、
大型ドームライブならではの大がかりな演出で最後までファンを楽しませた。

ライブの演出に積極的に関わる、ボーカル・hydeさんは。

■髙橋
「ライブで一番こだわっている部分は?」

■hyde
「いかに美しくトリプルアクセルを決めるかですかね」

■髙橋
「ははははは!
 ありがとうございます。それが返ってくるとは思わなかったです」

■hyde
「コンサートってそのとき1回だけのことだと思うから、
 できる限りわかりやすくしないと感動が伝わらない。
結局はやっぱり僕は頭だと思うんですよね。アイデア。
いくら時代が過ぎても根本は変わらないかな」

ページの先頭へ ▲