髙橋大輔 SPOTLIGHT

2017年6月 8日

コブクロ MVで新たな挑戦

■髙橋
「ミュージックビデオの撮影の現場というのが
始めてなので、非常に楽しみです」

コブクロの2人がミュージックビデオで
新たな試みに挑もうとしていた。

■髙橋
「今回のミュージックビデオのポイントは何ですか?」

■コブクロ 小渕健太郎
「チームラボさんのBlack Wavesという
 作品があるんですけれども、
 それとNAOTOさんのダンスというのが大きなテーマ」

今回、撮影に加わるのが、
これまで数々のアート作品を手がけてきた
デジタルアート集団「チームラボ」

さらに、EXILE
そして三代目J Soul Brothers 
from EXILE TRIBEの
パフォーマーとして活躍するNAOTOさん。
その両者とコラボし、最新曲「心」の撮影に挑む。

実は、他ジャンルとのコラボこそが、
コブクロにとっての挑戦だった。

これまでの「コブクロ」といえば、
2人で歌い上げる形のミュージックビデオが多かった。

しかし今回、曲のタイトルでもある
「心」をNAOTOさんがダンスで表現する。
その撮影方法について意見が交わされた。

■EXILE NAOTO
 ワンカットで撮るっていうのはすごく強く見える。

■コブクロ 小渕健太郎
 それは、すごくいいと思う。

■コブクロ 黒田俊介
 面白いと思う。

一瞬一瞬、絶えず変化する
「心情」をリアルに表現するため
カメラを止めず4分40秒間
ワンカットで撮影することに決まった。

その舞台となるのが・・・

■髙橋
 すごいですね。円形になっているんですね。

■コブクロ 小渕健太郎
 そうですね。


SL17060801.jpg
円形セットの頭上に設置された8台のプロジェクター
そこから、チームラボが手がける映像作品
「Black Waves」が照射され、360度
波に囲まれた舞台が完成した。


SL17060802.jpg
■コブクロ 黒田俊介
 一発撮りなんでミスしないように

入念な動きの確認が行われた。

■髙橋
 どうですか動いてみて?

■コブクロ 小渕健太郎
 (過去のMVでは)動きを決めたことがないので
 難しいですね。

動きの確認は、2時間にもおよんだ。
それを見ていた髙橋キャスターは・・・


SL17060803.jpg
■髙橋
 手汗がすごい。
 (撮影と)全然関係ないのに緊張してきました。

そして・・・

■EXILE NAOTO
 おはようございます。

■髙橋
 NAOTOさん
 いらっしゃいました。

NAOTOさんを交えての最終調整。
関係者以外、完全シャットアウトで行われた。

しかし、今回は特別にその様子を
上から見学することが許された。
すると、ワンカット撮影ならではの
意外な苦労が見えてきた。

■髙橋
 けっこう動かれますね。

中心で踊る、NAOTOさんを撮影している間、
コブクロの2人 小渕さん・黒田さんは
映らないように終始カメラの後ろを移動していた。
普段、やったことのない動きにコブクロの2人は・・・

■コブクロ 小渕健太郎
 NAOTOさんが踊ってる裏では攻防戦ですよ。

■コブクロ 黒田俊介
 小渕がすごく押してくるんですよ。

少しでもミスをすれば撮り直し。
本番が近づくにつれ高まっていく緊張感。
そして・・・

■現場スタッフ
 いきます本番。ヨーイ・・・
 音お願いします。

NAOTOさんのダンスで静かに始まった撮影。

しかし、そのカメラの裏では、
移動を繰り返すコブクロと撮影スタッフ。
撮影は、順調に進んだ。

■現場スタッフ
 カット!

ミスなく、演技を終えた3人。
ところが・・・

■現場スタッフ
 画面に入っちゃってますね。

それは、後半4分手前のシーン。
本来、NAOTOさんが走り出したあとに
コブクロの2人の姿が画面に見えてくる予定だった。
しかし、走り出す直前。
カメラの向きがわずかにずれて
黒田さんが予定より早く画面に映り込んでしまった。

コブクロの2人とNAOTOさんはもちろん。
撮影しているカメラマン4人の息が合って
初めて成立するのがワンカット撮影。

■現場スタッフ
 じゃあ、本番いきます。


SL17060804.jpg
2回目の撮影が行われた。
今度も、順調に進むパフォーマンス。
そして、さきほどのシーンでは...

コブクロ・NAOTOさん・カメラマンの4人とも
完璧な動きを見せた。


SL17060805.jpg
■現場スタッフ
 カット!オッケー!

■コブクロ 黒田俊介
 異ジャンルのものが化学反応を起こす瞬間って
 19年やっていても始めて味わう体感がすごくあった。

■コブクロ 小渕健太郎
 心のうねり・「Black Waves」の海の波・
 カットを割らない表現が
 結果的に一つになったミュージックビデオとして
 最高だなと思ってます。

■髙橋
 個人的に思ったのが、僕もこの曲で滑りたいなと。

■コブクロ 小渕健太郎
 それはまた新しい。


SL17060806.jpg

ページの先頭へ ▲