髙橋大輔 SPOTLIGHT

2017年10月13日

サカナクション

幕張メッセで開催された
サカナクションの10周年記念ライブ。


ZTimage001.jpg
2日間で4万8000人を動員した。

2007年にメジャーデビューをしたサカナクションは


ZTimage003.jpg
ボーカルギターの山口一郎さんを中心とした
男女5人組のロックバンド。


ZTimage005.png
去年、映画「バクマン」で担当した音楽で
日本アカデミー賞を受賞した。

アート・ファッションなど
異なるジャンルとも積極的にコラボレーションし、
常に、新しい音楽表現に挑戦し続けている。

今回開催されたライブでは、
ある"特殊なシステム"が用いられていた。


ZTimage007.jpg
一体どんなシステムなのか...

ライブ当日

■サカナクション 山口一郎
「おはようございます」

前日、深夜遅くまでライブの準備をしていたため
近くのホテルから歩いて会場入りした山口さん。


ZTimage009.jpg
ライブ開演7時間前、
"特殊なシステム"の入念なチェックが続いていた。
髙橋もライブ会場へ。

■髙橋
「会場が非常に広いです。
今、リハーサルが行われています」

広い会場でライブをする際、問題となるのが
前方と後方での音のズレ。


ZTimage011.jpg
しかし、今回のライブでは会場のどの場所で見ても
同じような音楽体験ができるという。


ZTimage013.jpg
そこで、音を聴き比べてみた。

■髙橋
「ここは会場の真ん中です。
非常に臨場感のあるいい音で聞こえます」

会場中央から会場後方へ移動すると・・・

■髙橋
「(会場の)真ん中とほとんど変わりは
ないんじゃないかなと思います」

なぜ同じような音を聴くことができるのか?
山口さんが特別にステージを案内してくれた。


ZTimage015.jpg
■サカナクション 山口一郎
「スピーカーは普通だったら
ステージ横にしかないんですけど、
今回サイドと後ろと真ん中と
6か所のスピーカーとここに置いてある低音の.1
6.1でやっています」


ZTimage017.jpg
サカナクションが採用しているのは
合計242本のスピーカーを使用した
6.1チャンネルサラウンドシステム。


ZTimage019.jpg
通常のライブでは、ステージのサイドにある
スピーカーから音を出すことが多い。


ZTimage021.jpg
しかし、今回のライブでは、
会場の周りを取り囲むようにスピーカーを配置。
ステージ上で出した音を
6つと0.1のチャンネルから同時に出すため
立体的な音響を体感することができる。

■サカナクション 山口一郎
「普通後ろって席でいうとハズレ席じゃないですか。
でも僕らは後ろの席でも同じ体感で
音を聴いてもらいたいなと思っている」

音を調整している
メインエンジニアの佐々木さんに
ライブの苦労を聞いた。


ZTimage023.jpg
■PAエンジニア 佐々木幸生さん
「普通はやらないですよね。
会場が大きいと音の時間差の問題があるので
今回の幕張メッセとか大きい会場では
現実的ではない所をやっている」

現実的ではないライブとは一体?

ライブ会場に
初めてスピーカーから音が出た瞬間・・・
どよめきが。

演奏が始まると
臨場感あふれるサウンドに
会場全体が巨大なダンスフロア
と化した。


ZTimage025.jpg
さらに、サカナクションのライブで
注目されるのが照明・映像などの視覚的な演出。


ZTimage027.jpg
スクリーンに映し出されているこの映像。
どうやって制作されているのかというと...

ステージの裏では
音楽に合わせてある作業が行われていた。
それは、色をつけた油と水で描く
「オイルアート」といわれるもの。


ZTimage029.jpg
毎回、音楽に合わせて
生で制作しているため、
同じものは二度とみることができない。

ライブ本番の演出を見た髙橋は

■髙橋
「偶発的に出来たものが「魚」に見えたり
自分のイマジネーションで色々な見え方ができて
それとこの曲とがマッチして素晴らしい」


ZTimage031.jpg
■髙橋
「今回そのスピーカーの数もそうで
すし、正直採算っていうのは」

■サカナクション 山口一郎
「多分ね普通のアリーナクラスの
3倍~4倍近くかかっていますよ、
予算は。赤字ですね」

■髙橋
「赤字ですか」

■サカナクション 山口一郎
「僕らね、解散じゃなくてね、
破産っていう・・・(笑)可能性はある。」

実は、山口さん
ライブの中でもこんな発言を

■サカナクション 山口一郎
「後ろのみんなも楽しめた?
フェスと全然ちがうでしょ?
某フェスの予算の3倍くらい
かけているのでスピーカーに」

■髙橋
「なぜ、こういったライブを
しようと思ったのですか」

■サカナクション 山口一郎
「どんなものも"体験の時代"になっている
気がするんですね。音楽業界ってなかなかその
音楽体験っていう部分で新しいことが
できていなかったんですよ。
他のコンサートに行って『なんか音が足りないな』とか
みんなが思ってくれると"サラウンド"で
ライブをやる人たちも増えてくるだろうし。
そうすると、ミュージシャンとして
表現する幅が広がるので、
ある種音楽シーンに貢献という部分も
出てくるんじゃないかな?と自分では思っています」

ページの先頭へ ▲