キャスター舞台裏トーク&コラム

2017年3月23日

お菓子をいただきました!

こんばんは、
気象キャスターの井上清華です。

明日は、北陸や北の日本海側は雪や雨が降り、
雷を伴う所もありそうです。ご注意下さい。

東京では桜が開花しましたが、
まだまだ気温は低いので、
お花見に行く際は暖かい服装でお出かけください。

先日、ホワイトデーということで
ZEROのスタッフさんや
気象センターの皆さんにお菓子をいただきました!
0323.jpg
こういったイベントは楽しいし、心温まりますよね(^^)
この後美味しくいただきました。

2017年3月21日

"多肉"にハマる?

写真

多肉植物について取材した桐谷キャスター。その奥深い世界に驚きの連続だったようです。桐谷キャスターがつくった多肉植物の寄せ植えもじっくり公開!ちなみに小正キャスターは、多肉植物ではなく別の"ある植物"を育てていたことがあるそうで...。

2017年3月15日

高橋大輔さん31歳に!

写真

31歳になった高橋大輔さんを迎えての舞台裏トーク。スタジオには「31」を模したケーキも用意されて、お祝いムードの中、取材への思いや抱負を語ってくれました。

2017年3月14日

子ども時代の遊び方

写真

主に"かくれんぼ"を楽しんでいたという桐谷キャスター。ただ、舞台は外ではなく友人の家だったとか。そして、小正キャスターは、地域によって呼び方が違うという"あの遊び"...いつもより、ゆる~い感じでお送りするトークです!

2017年3月10日

東日本大震災から6年

東日本大震災から6年になります。

震災後に設置された復興庁の期間は10年と決められていて、
数字の上では、今「後期」に入っています。
また、「復旧」から「復興・創生」の時期に来ている、
という分け方にもなります。

どうしても、
行方不明の方、
帰りを待っていらっしゃる方がいることを思うと、
時間だけが無情にすすんでいくような気持ちになります。
また、帰宅困難区域に指定されている町に動物の姿を見て、
改めてこの6年で大きく変わってしまったことが
胸に響きます。

しかし先日、復興庁の方にお話しを伺っていて、
気づいたことがあります。
徐々に市町村によって復興への歩み方が変わり、
政策に変更もあったそうですが、変わらないのは
地元の方が新たに町を創ろうと頑張っていらっしゃること、
そして、それを支え・助ける
ボランティアの方の優しさがあること。

復興にむけて「後期」に入っているとしたら
私たちが出来ることは増えているのではないでしょうか。

美味しい食べ物、明るい笑顔、
そして頑張る力が溢れていることに、変わりはありません。
東北へ、被災地へ、足を運び、ご馳走になりましょう!

CASTER

ページの先頭へ ▲