2013年08月19日

アメダスって?

日本列島では猛暑に大雨、対照的な天気が続いています。

本日から登場したこの「ボタン」。
2013081901.jpg

きょう、東京駅の東海道線ホームに、そのボタンはありました。
20130819-2.jpg


電車のドアの開閉を乗客が自ら行う方式がきょうから導入されました。
20130819-4.jpg

開いているドアから熱気が入り込み
冷房の効きが悪くなるのを防ぐためです。

乗客
「意外と閉め忘れとか多そうだな。夏とか暑そうなので]
「省エネに関しては賛成なのでいいと思います」

導入されたのは東海道線の始発となる東京駅、品川駅で
始発から午後3時まで。
(一部の車両では自動のまま)
小田原駅、熱海駅さらに、伊東線の伊東駅では
終日になります。

20130819-5.jpg
一方、水不足も深刻です。

四国のみずがめである高知県の早明浦ダム。

ダムの貯水率が3分の1を切り、
4年ぶりにかつての役場が姿を見せました。
20130819-6.jpg

香川県では
用水への供給を50%カットする
第三次取水制限を4年ぶりに開始。

まだ一般家庭に影響は出ていませんが
今後もまとまった雨は期待できず、
さらなる貯水率の低下が予想されています。

20130819-7.jpg
上のグラフは、19日時点で、48時間で降った雨の量です。
東北や北海道の一部では、記録的な雨量を観測しました。

一方、下のグラフは19日の最高気温で色分けしたモノです。
きょうは、全国228地点で
気温が35℃を上回る「猛暑日」を記録しました。

この雨の量も、気温も両方とも気象庁の観測システム
「アメダス」のデータを元に作られています。

その観測はどうやって行われているのか。
まずは、この筒状の計測器。
20130819-8.jpg

この天びんのような形をしたもので雨の量をはかるといいます。

ししおどしのような感じになっていて、
雨が降って、一方のマスに0点5ミリ(雨が)たまると、反対側に傾きます。
また反対側に0点5ミリたまると、傾く。
これが2回で、1ミリの雨が降ったということになります。

これは、同じ形の模型で再現した様子。
2013081910.jpg
私たちが普段耳にする降水量は、
ししおどしの原理を使ったこの装置が傾いた回数をもとに算出されていたのです。

続いては、温度と湿度。
ステンレス製の筒の中に温度計、湿度計が入っています。
2013081911.jpg

電動のファンで外気を取り入れて、気温を計測しています。

このような施設の設置には、様々な条件があるといいます。
雨量計については、下がコンクリートだと、
大雨が降った場合雨粒が跳ね返って、
違ったデータの観測になってしまうので、
より自然に近い環境で観測するために、
周辺には、芝生が敷き詰めてられているのです。
2013081912.jpg

アメダスの施設は日本全国に
有人、無人あわせておよそ1300か所設置されています。

2013081913.jpg
降水量はもちろん、
風向き、風速、気温、日照時間などが気象庁に集められ、
災害を防止する「警報」や「注意報」の発表など
私たちの命を守るために重要な役割を果たしています。

さらに、たとえばコンビニでは「お弁当」や「飲み物」の発注の目安に。

レジャー施設では「客足予想」に使われるなど、
身近なところでも活躍しているんです。
まだまだ、局地的な大雨や
猛暑による熱中症には十分な警戒が必要です。

投稿者:櫻井翔