概要
   
2007 6 30
園長の指令を受けてやってきたのは、タカアンドトシの2人。
夜行性の動物ということで、
懐中電灯で部屋の中を探していると…いました、2匹のスローロリス。
スローロリスはサルの仲間で、“ロリス”とはオランダ語で「道化師」という意味なんだって。

とっても人懐っこいスローロリス!
トシの腕に乗って来たかと思ったら、頬ずりしたり手をなめたり。
なんだか仲良くなれそう♪

さらに仲良くなるため、飼い方マニュアルを読んでいくと、
“スローロリスには毒があります” …!!!!!
仲良くなれた!と思っていたトシの腕は、スローロリスの毒まみれ!?

でも毒と言っても、だ液に微量含まれているだけで、
なめられたくらいでは人体に影響はないんだって。

目が大きくて、フワフワの毛がとってもかわいい★
生後4ヶ月のオス。
体が大きい方がビッグ。ちょっと小さい方をリトルと名づけました。

スローロリスは、果物など、甘いものが大好き。
まずはりんごをあげてみることに。
リトルはフルーツやサツマイモなど、何でも良く食べるのに、
ビッグはなかなか食べてくれません。
他に何かないかなぁ、とキッチンの方へ行ってみると、
“スローロリスのご飯”と書かれた箱を発見!
開けてみると、中にはコオロギが。
今まで何も食べてくれなかったビッグは、コオロギを見つけると
急に行動が早くなりました!

さっきまでフルーツをかわいらしく食べていたリトルも
コオロギを見つけるとすばやい動きで、コオロギを捕獲!

大好物を目の前にすると、人間と同じように
スローロリスも一生懸命になっちゃうんだね!

苦手なコオロギにも立ち向かってくれたタカンドトシのお2人、
お疲れ様でした★

photo

photo

photo

photo

photo

このページのトップへ