2009 7 25
〜栄養たっぷり新しい食べ物を覚えてもらう編〜

人なら誰もが体験するちょっとしたアクシデント。
紙袋の底が抜けたり・・・
ガムを踏ん付けてしまったり・・・
お菓子の袋が破けたり・・・
もしパンくんにそんなことが起こったらどうするのか?

まずは人がカップラーメンを食べる時、お湯を入れ3分程待ち食べる直前にフタをあけます。しかし、メガネをかけている人は曇っちゃいます。そんな時、人は手などで曇ったレンズを拭いたり、食事する際あらかじめメガネを外したりします。
果たしてパンくんはそんな時、どうする?

ちょうどお腹がすき、目の前のジェンガに集中できない様子のパンくん。 でも、パンくんは普段メガネをかけていません。そこで宮沢さん、目の前にメガネをおくとパンくんはかけます。実は、これまで何度かかけることでメガネもパンくんのお気に入りの1つになっているのです。

早速、宮沢さんはお湯の入ったカップラーメンをパンくんの目の前におきます。 果たしてパンくん、カップラーメンの湯気でメガネが曇ったら一体どうするのか?
宮沢「パンくん、食べていいよ」
カップラーメンのフタをあけるパンくん。するとメガネが曇ります。
しかしパンくんは湯気で曇るという現象がどういうことか分からないようです。 すると、メガネを一旦はずし肉眼でラーメンの位置を確認します。そしてメガネをかけなおし、ラーメンを食べることができました。

続いては人が新品のCDを開ける時、開け口を探し爪を引っかけようとしますが、なかなか開けづらいものです。 そんな時、人は身近にある、カッターなどの道具を使います。
ケースをなぞるように切り口を入れ、そこから爪を使って包装をはがしていきます。

もちろん、パンくんにも包装紙という概念がちゃんとあってキチンと開ける細かい作業が大好き。どら焼きの袋だってちゃんと開けることができるんです。 果たして、あけづらいCDの包装はあける事ができるのか?

宮沢さんはCDを買いに外出中。ちなみにパンくんの器用さは、宮沢さんがやっているのを見て耳そうじをマネするようになったんです。チンパンジーは蟻の集まる蟻塚に棒を突っ込むのが楽しくてしょうがないのですがこちらの天才チンパンジーは耳に綿棒を入れて耳そうじ!

そこへ宮沢さんが帰ってきました。
宮沢「包装のビニールはずしてくれる?」
というわけで早速、パンくんはCDの包装をはずそうとしますが、なかなかはずすことができません。
宮沢「切れ目があって、テープでクルッと巻いてあるから」
宮沢さんに開け方を教えてもらったパンくん、再チャレンジ。
爪を使って開けようとするパンくんですが、なかなかあきません。

さすがに難しいようなので宮沢さんからパンくんにさらなるヒントを・・・ CDの開ける場所を教えてみました。
するとパンくんは見事に包装をあけることができました。
一度教えただけであっさりこなすとはさすがパンくん♪

それならば、続いてはDVDにチャレンジ。
先程と同じ要領で開け口を探すパンくん。
でもDVDの場合は、開け口が無いことが多いです。
開け口を探しをあきらめたパンくん、爪で切り口をつけようとしますがそれでもあきません。 チンパンジーは森の中で手をたくさん使って生きているので必要以上にツメが伸びることはありません。 爪の短いパンくん切り口をうまく付けられない。するとパンくんはジェームズを連れてきました。

これまで、ジェームズの力を借りて色んなことをしてきたパンくん。何を思いついたかというとジェームズの爪を使ってあけようというのです。 パンくんが狙うのはDVDケースのへこんだ部分。一点に集中してジェームズの爪をあてます。
なんと今度はヒントなしにうまくジェームズを使い開けることができたのです。

ちなみパンくんこんな時もジェームズを使います。
それはジャムパンなどを食べる時、よくばりすぎるとジャムがたれ、手がベトベトになってしまいます。もちろんパンくんも食後は手がベトベト。
そんな時、最初は自分で舐めるのですが途中からジェームズに手を舐めさせキレイにしてもらいます。
そして更にジェームズの背中でふいてしまいました。
パン「ジェームズありがと」