メニュー
番組表

1997

12

26

[ FRI ]

1997

12

26

[ FRI ]

カステラ焼き

だて巻きに代わって今年は甘くない卵焼きをオーブンでふっくらと

河合 真理

先生

材料 ((7×23cmのケーキ型))

  • 7個

  • かにの身

    100g

  • 三つ葉

    約10本

  • 少々

  •  卵

    3個

  •  酒

    大さじ2

  •  だし汁

    大さじ2

  •  塩

    小さじ1/3~1/2

  •  三温糖

    小さじ2~3

作り方

  • 1

    かにの身はゆでるか蒸したものを用意し、軟骨をとり除き、よくほぐします。三つ葉は1cm長さに切ります。

  • 2

    卵7個を割りほぐし、かにを混ぜ、塩を加えて樹脂加工のフライパンに流します(油は引かない)。箸で混ぜながらねっとりするまで炒り、火を止める直前に三つ葉を加えて混ぜます。

  • 3

    ボールに卵3個を溶きほぐし、酒、だし汁、塩、三温糖を混ぜ、 (2)を加えて混ぜます。

  • 4

    型の底と側面にオーブンシートを敷き、(3)を流し入れ、 180℃で約35分、おいしそうな焼き色がつくまで焼きます。

  • 5

    オーブンからとり出し、ふくらんでいる部分が落ちてきたら、ひっくり返して粗熱がとれるまで冷まし、形を整えます。

  • 6

    オーブンシートをはずし、1.5cm厚さに切ります。

アドバイス

  • 卵黄がつぶれそうなときは、下のみそだれをつけることもできます。そのまま食べるには辛すぎるときは、野菜のあえ衣にしたり、魚にぬって焼いてもおいしい。

  • みそ床は何度も使えるが、不要になったらみそ汁などに使ってもよい。

  • 卵液は焼いているうちにかなり膨らむのでオーブンの下段に入れて焼きます。

  • 卵黄のみそ漬けは卵黄をつぶさないようにガーゼをしてみそをのせて冷蔵庫で一晩おきます。

  • 出来上がりにはけしの実をふってもよい。

このレシピの先生

河合 かわい 真理 まり 先生