メニュー
番組表

1998

5

2

[ SAT ]

1998

5

2

[ SAT ]

アーリオ オーリオ ペペロンチーニ

家でもこんなにおいしく出来るなんてと思ってしまいそう!

小川 晴子

先生

材料 (4人分)

  • スパゲティーニ

    320g

  • にんにく

    2かけ

  • 赤唐辛子

    1~2本

  • パセリ(あればイタリアンパセリ)のみじん切り

    大さじ1

  • 塩、エキストラバージンオリーブ油

作り方

  • 1

    鍋にたっぷりの湯を沸かします。

  • 2

    この間に、にんにくは芽をとってみじん切りにし、赤唐辛子は種を除いて輪切りにします。

  • 3

    湯が沸騰したら塩を加え、スパゲティーニを入れてアルデンテにゆでます。

  • 4

    鍋にオリーブ油120ccとにんにくを入れて中火にかけ、にんにくの香りが油に移り、色づき始めたら火を弱め、赤唐辛子を加えて焦がさないように香りを出します。さらにパセリのみじん切りを加えてさっと火を通します。

  • 5

    ゆでたてのスパゲティーニを(4)に加え、ゆで汁を40~50cc 加え、さっとあえます。

<にんにくのみじん切り>

1)縦半分に切ってから、中心の芽の部分を取り除きます(この芽の部分が入るとえぐみが出てしまいます)。

2)玉ねぎのみじん切りと同じ要領で、縦に細かく切り込みを入れます。決して切り離さないこと。

3)横にも切り込みを3本ぐらい入れます。

4)細かいみじん切りにします。包丁はペティナイフを使うとやりやすいです。

<パスタのゆで方>

1)水はパスタ100gに対して1リットルを基準に鍋に入れ、沸騰したら塩を加える。塩は水量の0.9~1.2%。吸いものぐらいの塩気に。

2)パスタを入れたら、めんとめんがくっつかないようにかき混ぜる。

3)好みの固さにゆでる。ただし火を止めてから余熱でやわらかくなってしまうので、一歩手前で火を止める。パスタはいずれもゆでたてをソースであえたいので、時間を見計らってゆで始めること。

アドバイス

  • 「アーリオ オーリオ ペペロンチーニ」の手順(4)の用意ができると同時にスパゲティーニがゆで上がるように、タイミングよくするのがポイント。

  • にんにくとオリーブ油は冷たいうちに鍋に入れて火にかけます。

  • パスタのゆで汁が塩味になっているのでゆで汁は捨てないで!

  • 鶏肉のカッチャトーラは野菜たっぷりの煮込みです。

  • ワインビネガーを酢で代用してもよい。

  • カッチャトーラ(cacciatora)とは猟師風という意味。ワイン、ハーブ、きのこを入れて煮た鶏肉料理をさします。

このレシピの先生

小川 おがわ 晴子 はるこ 先生