メニュー
番組表

1998

11

14

[ SAT ]

1998

11

14

[ SAT ]

ゆで豚肉と野菜のグラチネ

アニスの香りがきいた南フランスならではの料理

渡辺 誠

先生

材料 (4人分)

  • 豚肩ロース肉(塊)

    400g

  • りんご(大)

    1/2個

  • 玉ねぎ

    1個

  • にんじん

    (小)1本

  • トマト(大)

    3個

  • 白ワイン

    1/4カップ

  • アニスシード

    小さじ1~2

  • チキンスープ

    適量

  • パセリのみじん切り

    適量

  • ●塩、こしょう、バター

作り方

  • 1

    鍋に豚肉を入れ、肉が充分かぶるくらいのチキンスープを加え、肉がとろけるようにやわらかくなるまでじっくりと煮込み(1時間半~2時間)、そのまま冷まします。

  • 2

    りんご、玉ねぎ、にんじんは皮をむいてざく切りにし、トマトは皮と種を除いてざく切りにします。

  • 3

    フライパンにバター大さじ2を熱し、りんご、玉ねぎ、にんじんを中火で炒め、しんなりとしたらトマトとアニスシードを加え、塩、こしょうで味をととのえます。

  • 4

    バターをぬったグラタン皿に切り分けた豚肉を並べ、強めに塩、こしょうをし、(3)を上にのせ、白ワインをかけます。

  • 5

    (4)にアルミ箔でふたをし、220~230℃のオーブンで25~30分焼き、仕上げにパセリのみじん切りをふります。

○●ワインノート●○

ボジョレー・ヴィラージュ 1997年 ¥1,900 日本でもボジョレー・ヌーボーの呼び名でご存じの方も多い、ボジョレー地区のワインで、普通のボジョレーワインよりもアルコール度数が高く、しっかりとした味わいが特徴です。 ゆで上げた豚肉にりんごや野菜の甘みを加え、クセのあるアニスの香りで包んだこの料理には、白ワインの力強いものか、軽い飲み口とともにアニスに負けない力強さを持つこのワインがよく合います。

軽めの赤ワインは室温より3~5度冷やして飲むとよい。サラダボールなどをワインクーラーとして使うのもオシャレ。

アドバイス

  • フランスでは、大きな塊肉をゆでておいて、グラタンやサラダにと使いまわし、ゆで汁はスープとしていただきます。

  • 豚肉は脂身のあるものを選びます。

  • ゆでた豚肉は冷めてからカットします(あついままだとボロボロして切りにくい)。

このレシピの先生

渡辺 わたなべ まこと 先生