メニュー
番組表

1998

11

28

[ SAT ]

1998

11

28

[ SAT ]

オーベルニュー地方の卵とじ

やわらかい口あたりには感動です。 具をたっぷり入れて作りましょう。

渡辺 誠

先生

材料 (4人分)

  • 合びき肉(脂の少ないもの)

    200g

  • 玉ねぎ

    1個

  • マッシュルーム

    1パック

  • 卵(大)

    3個

  • 生クリーム

    1/3カップ

  • パセリのみじん切り

    大さじ1

  • ナツメッグ

    ひとつまみ

  • ●塩、こしょう、バター、小麦粉

作り方

  • 1

    玉ねぎ、マッシュルームは粗いみじん切りにします。

  • 2

    フライパンにバター大さじ1を熱し、(1)を中火で水分が出てくるまで2~3分炒め、ひき肉を加えて今度は強火で水分がなくなるまで炒め、器にとり出して室温になるまで冷まします。

  • 3

    ボールに卵を溶きほぐし、生クリームを混ぜ、(2)を混ぜ合わせ、さらにパセリのみじん切りとナツメッグを合わせ、塩、こしょうで調味します。

  • 4

    型にたっぷりとバターをぬり、小麦粉を薄くはたき、(3)を流し込み、200℃のオーブンで30~40分焼きます。中心に竹串を刺してみて、生の卵がついてこなければ焼き上がっています。

ワインノート

シャブリ・プリミエ・クリュ1995年 ¥3,600

 ブルゴーニュ地方最北部の小さな町「シャブリ」の周辺に広がるぶどう畑。この地から生まれたシャドルネ種のぶどうから、辛口で、きめ細かな果実の風味を持った良質の白ワインができ上がり、シャブリの名が与えられました。日本でもよく知られている白ワインの代表的なもので、その力強さと飲み口のよさは、第一級の味といえます。  フランス中央高地オーベルニュー地方の卵料理とは、思いがけないほど素敵なハーモニーとなります。

1)ちょっと待って!注ぐときにグラスを持ち上げるのはNG

2)グラスの底に手を添えて頂きましょう。

アドバイス

  • フランスではたいへんポピュラーな料理のひとつで、冷蔵庫の残り野菜とゆで肉のくずなどで作ります。焼きたてでも冷やしてもおいしく食べられます。

  • 野菜はマッシュルームのほかに生椎茸やしめじ、舞茸といったきのこ類やにんじんなどが入ってもよい(御家庭でちょっと残ったものを利用して)。

  • ひき肉を加えたらポロポロになるように炒めます(塊はつくらないで)。

  • 型にはバターをまんべんなくぬりつけて粉をはたいておくこと(焼き上がりがきれいにはずれます)。

  • 焼きあがったら、5~10分おいた方が切り分け易いですが、型のまま食卓に出して熱々をサーバーですくって分けるのもフランス風です。

  • この卵とじにはサラダとパンをプラスすると献立は完璧です。

このレシピの先生

渡辺 わたなべ まこと 先生