メニュー
番組表

1999

6

12

[ SAT ]

1999

6

12

[ SAT ]

いわしの塩炒り

新鮮なものが手に入ったら、塩と酢で煮るだけ!和風、洋風両方楽しめるのも嬉しい

中村 成子

先生

材料 (4人分)

  • いわし(ひしこいわし、または小いわし)

    500g~1kg

  • 赤唐辛子

    1~2本

  • 木の芽

    適量

  • レモン

    1/4個

  • ●自然塩、酢、酒

作り方

  • 1

    いわしは頭を切り落とし、腹ワタを抜きとり、きれいに汚れを洗い、氷とレモンを入れた塩水の中に浸します。

  • 2

    (1)をザルにあけ、水気をきっておきます。

  • 3

    厚手の鍋の底に塩小さじ1~2をふって(2)のいわしを並べ入れ、さらに塩小さじ1~2をふり、火にかけ、酢1/2カップを入れ、沸騰したら酒1/2カップを加えます。さらに沸騰したら水をヒタヒタに加え、煮立てます。

  • 4

    (3)に赤唐辛子、木の芽をのせ、落としぶたをして、中火の弱めの火加減で水分がなくなるまで煮つめます。途中、煮汁が少なくなってきたらふたをとり、水分を蒸発させて煮つめます。

  • 5

    鍋の中で冷まし、冷めたらとり出します。

  • 6

    器に盛り、木の芽を添え、レモンや青柚子を絞って食べます。

ザルに並べて1~2時間風干しにすれば、4~5日楽しめます。

オイル漬けにして洋風に<いわしの塩炒りのカナッペ>

塩炒りにしたいわしを1~2時間風干しし、たっぷりのオリーブ油につけて保存します。薄切りにした黒パンにほぐしてのせ、みじん切りの玉ねぎをのせ、レモンのいちょう切りやハーブをあしらいます。 <メモ>チーズをのせて焼き、ピザトーストの具にしてもおいしい。

このレシピの先生

中村 なかむら 成子 しげこ 先生