メニュー
番組表

2003

10

28

[ TUE ]

2003

10

28

[ TUE ]

鶏肉とさつま芋のポトフ

骨つき鶏からでたおいしいスープでさつま芋をほっこり煮る

牧 弘美

先生

346kcal

カロリー/1人前

2.1g

塩分/1人前

材料

  • 鶏骨つき肉(ぶつ切り)

    8切れ(500~600g)

  • さつま芋

    1本(400g)

  • 玉ねぎ

    2個

  • レタス

    1個

  • スープの素

    2個

  • ブーケガルニ(市販品)

    1個

  • 小さじ2/3

  • 粗びき黒こしょう

    適量

作り方

  • 1

    鶏肉は水洗いして水気をきる。

  • 2

    さつま芋はきれいに洗い、皮ごと4~5cm厚さの輪切りにして水によくさらし、洗って水気をきる。玉ねぎは芯をつけたまま縦半分に切り、レタスも芯をつけたまま縦4つ割りにする。

  • 3

    鍋に鶏肉、さつま芋、玉ねぎを入れてかぶるくらいの水(5~6カップ)を注ぎ、スープの素とブーケガルニを加えて中火にかける。煮立ったらアクをとり、紙ぶたをして弱火で25~30分煮る。

  • 4

    鶏肉がやわらかくなったら鍋の隅をあけてレタスを加え、塩で味をととのえ、レタスがクタッとするまで煮る。

  • 5

    器に盛り、粗びき黒こしょうをふる。

【もう1品】 クレソンの軸を利用したクレソンライス

■ 作り方

サラダのクレソンで残った軸はゆでて塩少々をふり、バターとともにごはんに合わせてクレソンライスにします。

アドバイス

  • 鶏肉はアクが少なくなるように、血や汚れを水洗いして除いておくこと。

  • アクをていねいにとり除くこと。紙ぶたはアク取りシートなどを利用するとよいでしょう。レタスは2~3分で十分煮えます。

このレシピの先生

まき 弘美 ひろみ 先生