メニュー
番組表

2010

4

27

[ TUE ]

2010

4

27

[ TUE ]

ひじきとツナの塩炒め

オリーブ油で炒める洋風、白ワインに合う!

石原 洋子

先生

99kcal

カロリー/1人前

1.2g

塩分/1人前

材料 (4人分)

  • ひじき(乾燥)

    30g

  • ライトツナ(フレーク)〈サラダクラブ〉

    1袋(80g)

  • にんじん

    1/3本(60g)

  • グリーンアスパラガス

    4本(120g)

  • 小さじ2/3

  • こしょう

    少々

  • ●オリーブ油

作り方

  • 1

    ひじきはたっぷりの水に30分ほど浸してもどし、きれいに洗ってザルに上げ、水気をきる。

  • 2

    にんじんは3~4cm長さの太めのせん切りにする。アスパラガスは根元を1cmほど切り落とし、根元の固い皮をむき、1cm幅の斜め切りにする。

  • 3

    フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、にんじんを入れて中火で1分ほど炒め、ひじきを加えてひと炒めし、アスパラガスを加えて野菜がしんなりするまで炒める。

  • 4

    ツナを加えて塩、こしょうで調味し、アスパラガスに火が通り、味がなじむまで炒め合わせる。

アドバイス

  • ひじきは水でもどすと約8倍になります。生ひじきで作る場合は、250g用意しましょう。

  • にんじんやアスパラを入れて、食感や存在感を出しましょう(絹さやなど旬の野菜をくみ合わせてもよい)。

  • 煮ものよりも薄味で低カロリーなので、たくさん食べられるのも嬉しいところ。

  • この炒めもの、肉や魚のオムレツの具にしてもよいでしょう。

  • 白ワインにもよく合います。

このレシピの先生

石原 いしはら 洋子 ひろこ 先生