メニュー
番組表

2013

12

27

[ FRI ]

2013

12

27

[ FRI ]

栗きんとん

~大晦日一日で作れる小さなおせち料理~

材料

  •  さつま芋

    800g(正味500g)

  •  くちなしの実

    1個

  • グラニュー糖

    1~1+1/4カップ

  • 小さじ1/3

  • 栗の甘露煮

    20粒(250g)

作り方

  • 1

    さつま芋は2cm厚さの輪切りにし、皮を厚くむき、たっぷりの水に1時間以上さらす(途中、2回ほど水を替える)。

  • 2

    くちなしの実は軽く叩いてから、さらしで包むか、お茶パックに入れる。

  • 3

    さつま芋を洗って鍋に入れ、たっぷりの水と(2)を加えて火にかけ、竹串を刺してスーッと通るやわらかさになるまでゆでる。さつま芋をとり出し、ゆで汁少量を残しておく。

  • 4

    さつま芋を半量ずつフードプロセッサーにかけ(ゆで汁を少量加えるとまわりやすい)、なめらかにする。

  • 5

    (4)を半量ずつさらし(ガーゼは不可)で包み、水の中でもみ洗いをして臭みを除き、水気をしっかりと絞る。

  • 6

    (5)を鍋に入れ、グラニュー糖、塩、ゆで汁少々を加えて弱火にかけ、木ベラでツヤが出るまでよく練る。栗の甘露煮のつけ汁をきって加え、栗が温まるまでそっと練る。

厚くむいたさつま芋の皮は、水気をふいてザルに広げ、軽く乾かしてから素揚げに。おやつやおつまみになる。

<皮は厚くむいて>

皮の内側にある繊維のところを取り除くようにむく。

アドバイス

  • さつま芋は裏ごしをしないので、繊維が残らないように皮を厚くむいておくこと。

  • 芋のゆで汁は2カップ位とっておきます。

  • ゆでてなめらかになったさつま芋を流水でもみ洗いして、芋臭さを除いておくとすっきりとした味に仕上がります。

  • 冷蔵庫で3~4日保存可能。

このレシピの先生

沼口 ぬまぐち ゆき ゆき 先生