メニュー
番組表

2014

12

30

[ TUE ]

2014

12

30

[ TUE ]

牛肉と帆立のぜいたく照り焼き/かに卵蒸し

おせちを華やかにリッチに盛り上げる2品

材料

  • ■牛肉と帆立のぜいたく照り焼き

  • 牛肉(しゃぶしゃぶ用)

    (8枚)80g

  • 帆立貝柱(刺身用)

    8個

▼合わせ調味料

  •  しょうゆ

    大さじ1+1/2

  •  みりん

    大さじ1+1/2

  •  砂糖

    大さじ1/2

  • ●小麦粉、油

  • ■かに卵蒸し

  • 6個

  •  酒

    大さじ2

  •  片栗粉

    大さじ1+1/2

  • 砂糖

    大さじ3

  • 小さじ1/4

  • 淡口しょうゆ

    小さじ2

  • かにの身(缶詰でもよい)

    60g

  • 生椎茸

    4枚(70g)

  • 三つ葉

    10本

  • ●油

作り方

  • 1

    牛肉と帆立のぜいたく照り焼き

    【1】牛肉は帆立貝柱の厚みに合わせて幅を切る。縦長に広げて手前に帆立貝柱を横向きに置き、クルクルと巻きつけて最後はギュッとにぎって落ち着かせる。

    【2】ボウルに合わせ調味料の材料を合わせて混ぜ、(1)をつけて10分ほどおいたのち、汁気をきり、小麦粉を全体にまぶす。

    【3】フライパンに油大さじ1を熱し、(2)を入れて強めの中火にし、転がしながら両面と側面をこんがりと焼きつけ、中まで火を通す。

    【4】フライパンの油をペーパータオルでふきとり、残った(2)のつけ汁をまわしかけ、全体に煮からめながら照りよく仕上げる。

  • 2

    かに卵蒸し

    【1】長方形の耐熱ガラス容器(約18×7×高さ6cm)にラップを大きくはみ出すように敷いておく。

    【2】ボウルに卵を割りほぐし、酒で溶いた片栗粉、砂糖、塩、淡口しょうゆを加え、菜箸6~7本を束ねたものでよく混ぜる。

    【3】かには身をほぐして軟骨を除く(缶詰の場合は汁ごと)。生椎茸は石づきを除き、細切りにする。三つ葉は2cm長さに切る。

    【4】(2)に(3)を加えて混ぜる。

    【5】フライパンに油大さじ2を入れて全体にまわしながら熱し、卵液をたらしてシュンというくらいに熱くなったら、(4)を一気に流し入れる。菜箸6~7本で側面についた卵液をかき落としながら、底のほうから混ぜて半熟に火を通し、ぬれぶきんの上にとってさらに7~8回かき混ぜる。

    【6】(1)の容器に手早く流し入れ、表面を平らにし(四隅を特にていねいに)、容器を2~3度打ちつけて空気を抜き、はみ出ているラップをかぶせる。

    【7】(6)を電子レンジ(500W)弱に1分30秒~2分かけ、容器の向きを逆にし(ターンテーブルの場合は不要)再び1分30秒ほどかける(上面が乾いて色がちょっと濃くなれば火が通っている。火の通りが足りないときは10秒ずつ様子を見ながらかける)。

    【8】平らな重石をのせて冷まし、盛りつけるときに1.5~2cm厚さに切る。

耐熱容器の材質によって電子レンジにかける時間を加減する。耐熱プラスチック容器の場合は、全体で1分30秒~2分で火が通る(途中、向きを変えなくてよい)。

アドバイス

  • 卵焼きの片栗粉と酒は卵と具のつなぎ役、材料それぞれに卵液にからむように混ぜておくこと。

  • 電子レンジ加熱は、さわってみて弾力がでてくるまで火を通します。

  • 冷ましてからカットします。

このレシピの先生

まき 弘美 ひろみ 先生