メニュー
番組表

2016

6

18

[ SAT ]

2016

6

18

[ SAT ]

鶏スープにゅうめん/冷やし鶏スープめん

お手軽鶏スープで細めんをツルツルっと

材料 (2人分)

  • ■鶏スープにゅうめん

  • そうめん

    2人分

  • 鶏手羽先

    2本

  • ※「鶏スープ」を作るときに使ったもの。

  • セロリ

    1/3本

  • レタス

    2枚

  • しょうが

    1かけ

  •  鶏スープ(下記参照)

    4カップ

  •  塩

    小さじ1

  •  しょうゆ

    小さじ1

  • ■冷やし鶏スープめん

  • そうめん

    2人分

  • 鶏手羽先

    2~3本

  • ※「鶏スープ」を作る際に使ったもの。

  • セロリ

    1/3本

  • きゅうり

    1/2本

  •  鶏スープ

    3カップ

  •  塩

    小さじ1

  •  ナンプラー

    小さじ2

  • 粗びき黒こしょう

    少々

  • ■鶏スープ

  • (作りやすい分量・約1リットル分)

  • 鶏手羽先

    5本

  • 1200ml

  • しょうがの皮

    2かけ分

  • 長ねぎ(青い部分)

    1本分

作り方

  • 1

    鶏スープにゅうめん

    【1】セロリは筋を除き、3~4cm長さの細切りにする。レタスも同様の細切りにする。しょうがはせん切りにする。

    【2】そうめんはゆでて流水で洗い、水気をきる(下記参照)。

    【3】鍋に鶏スープを入れて温め、塩、しょうゆで調味し、そうめんを入れてひと煮する。

    【4】器に盛り、鶏手羽先、セロリ、レタス、しょうがをのせる。

  • 2

    冷やし鶏スープめん

    【1】鍋に鶏スープを入れて温め、塩、ナンプラーで調味し、冷やしておく。

    【2】鶏手羽先は骨をはずし、身を細かくほぐす。セロリは筋を除いて小口から薄く切る。きゅうりも小口から薄く切る。以上をざっと混ぜ合わせておく。

    【3】そうめんはゆでて流水で洗い、水気をきる(下記参照)。

    【4】器にそうめんを盛り、(2)をのせ、(1)をはり、粗びき黒こしょうをふる。

  • 3

    鶏スープ

    【1】手羽先は水洗いする。

    【2】大鍋に(1)と残りの材料を入れて強火にかけ、ふつふつとしてアクが出てきたら火を弱め、アクをていねいにとり、弱火で20分ほど煮る。

    【3】火を止めて、そのままおいて冷ます。手羽先をバットにとり出し、スープはザルにペーパータオルを敷いて、保存容器にこし入れる。それぞれ冷蔵庫で保存する。

  • ■3~4日冷蔵保存可能

そうめんのゆで方

(1)鍋にたっぷりの湯を沸かし、そうめんをパラパラと入れる。ふきこぼれない程度の火加減にし、袋の表示時間通りにゆでる。 (2)ザルにあけ、流水でしっかりともみ洗いし、表面のぬめりをよく落とす。 (3)水気をきり、さらにザルにギュッと押しつけながら水気をしっかりときる。 にゅうめんにする場合 ゆでて水気をきったそうめんを、煮汁に入れてひと煮する。

そうめん

コシがあってのどごしの良い「手延べそうめん」がおすすめ。手延べそうめんは油を使ってのばしているので、ゆでた後のもみ洗いが特に大切。

手羽先は

鶏そばにそのまま具材としてのせたり、骨を除いて細かくほぐせば、サラダなどの料理のトッピングにも使えます。

アドバイス

  • 手羽先は澄んだスープになるように、煮る前にしっかり流水で洗い、アクをていねいに取り除くこと。

  • この鶏スープ、温・冷どちらでも細いめんがよく合います。

  • そうめんはゆでた後、流水でよくもみ洗いをして表面の油をとり、スープが薄まらないように水気はしっかり絞ることも大切です。

  • 野菜はほかに長ねぎや青じそなど、身近なものを使ってOK。

このレシピの先生

飛田 ひだ 和緒 かずお 先生