イントロ

ペンギンは元来、臆病な動物。 そのため多くの敵が潜む海に、なかなか飛び込むことができない。 しかし、勇気ある一羽が飛び込むと、仲間たちも次々と荒海へ! その「勇気ある一羽目」のことを「ファーストペンギン」と呼ぶ。 この物語は、そんな「ファーストペンギン」のように、縁もゆかりもない“漁業の世界”に飛び込んだシングルマザーと、 彼女と共に改革の荒波に漕ぎだした漁師たちの“奇跡の実話”をモデルに、ヒットメーカー・森下佳子のオリジナル脚本で紡ぐ、爽快リアル・サクセスストーリーです! 家なし、金なし、仕事なし……。 人生崖っぷちの若きシングルマザー・岩崎和佳は途方に暮れていた。 食べるためには何でもやる!と思っていたけど……、 ひょんなことから1人の漁師に出会い、「1万円で、俺たちの浜を立て直してくれ!」という思いがけないオファーを受け、荒くれ漁師たちのボスに!? こうして、日本の隅っこで必死に生きる漁師たちの夢を一緒に背負うことになった和佳。 ガンコな海の男たちとぶつかり合いながらも、ド素人ゆえの大胆さで、古い常識や慣習を次々と打ち破り、しがらみだらけの業界で、まさかの大革命を巻き起こす! 「誰かが飛び込めば、群れはついて来る!」 未知の世界に飛び込んだ、勇気あふれるニューヒロインが、この秋、ニッポンを元気にします!!

「奇跡の実話」とは…

シングルマザー、漁師に出会う
始まりは2009年12月。本作のヒロインのモデルとなった坪内知佳は、当時23歳。2歳の息子を育てるシングルマザーだった。
大学中退後、山口県萩市に移り住み、翻訳の仕事や旅館の仲居業を務めながら、何とか生計を立てていた。そんなある日、1人の漁師との出会いを機に、全く知見のなかった“漁業の世界”に飛び込むことに!
素人ゆえの大胆な発想
「アジとサバの違いも分からない」素人が飛び込んだ“漁業”の世界!しかし、素人ゆえの大胆な発想で「既成概念」を打ち崩していく。
坪内が発案したのは、漁師たちが獲った魚を、市場を通さず、直接料理店などに販売するシステム。これは、生産者自らが「生産・加工・販売」を一貫して行う「漁業6次産業化」として、国に認定される。
60人の漁師たちのボスになるが...
やがて彼女は、60人もの漁師たちを束ねて「萩大島船団丸」を設立し、代表に就任。朝採れした水産物を箱詰めして、都会の消費地へ直送する鮮魚ボックス事業をスタートするも、当初はなかなかうまくいかず…。
販路拡大のため、全国各地の飲食店を渡り歩き、連日飛び込み営業に奔走する坪内。一方、「魚を獲ること」しかしてこなかった漁師たちは、慣れない出荷作業や事務仕事に悪戦苦闘。ストレスから、「こんなこと、やってられるか!」と坪内と取っ組み合いの喧嘩になることも…!
こうして、数々のトラブルやぶつかり合いを乗り越えながら、2014年、株式会社として法人化。
坪内と漁師たちの奮闘記は、「news zero」や「news every.」をはじめとする数多くのメディアでも取り上げられ、大きな話題となっている。

  • 坪内知佳 プロフィール
  • 1986年福井県生まれ。株式会社GHIBLI(ギブリ)代表取締役。
    2011年に「萩大島船団丸」を発足。同年、鮮魚ボックス事業を開始。2014年に株式会社GHIBLIとして法人化。同年、「日経WOMAN」が選ぶ「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014」キャリアクリエイト部門を受賞。

脚本

森下

実は私、日テレさんからお声がけをいただく前に、坪内さんがご出演になった某バラエティを見て、大笑いをしておりました。もう単純に面白かったから。ところが、脚本執筆に向けてお勉強しだすとまぁ、知らないことだらけで青くなるばかり。日本の漁獲量の低下、漁師さんの減少、世界的な食糧危機の予測もある。今ここで変わらなければ、気軽に刺身もお寿司も食べられなくなる、私たちには超アンウェルカムな未来が待っているかもしれない……。坪内さんたちのビジネスは結局はそこをどうしていくかにもつながっていくのだと理解したとき、私はかなり大事なお話を伝える役割を預かったのだ、と、やっとこさ気がついたのでした。

ことほど左様に、私自身はどうにも頼りない有様ですが、実話のもつ力=坪内さんご自身の魅力と、それをきめ細やかに力強く表現してくださるに違いない奈緒さんのお芝居の力、この2つの確かな力を信じて、パワフルで見応えのあるドラマにしていきたいと思っています。

ですので、どうか皆様。お寿司を愛する皆様、お寿司を愛する方を愛する皆様、次世代に気軽にお寿司を食べさせたいと願う皆様、お忙しいとは思いますが、どうかお時間を少しばかりいただければと存じます。皆様に現状を知っていただければ、未来はきっと良い方向に変わるはずだから。

キャスト

とある寂れた港町に移り住んだシングルマザー。幼い一人息子を抱えた見ず知らずの土地での生活は苦しかったが、その中で彼女の生きるたくましさと知恵は磨かれた。

ホテルの仲居として働き始めたある日、宴会の席で出会った漁師・片岡に機転を認められ、「漁船団の立て直しに力を貸してほしい」と懇願される。こうして、アジとサバの違いさえわからぬまま、未知なる“漁業の世界”に飛び込むことに!

しかし、彼女が素人だからこそ提案できた「魚の直販ビジネス」は、やがて周囲を巻き込んで、大きな波乱を巻き起こすこととなり…!?

さんし船団丸を率いる船団長。父親の跡を継いで漁師となる。妻のみやこを病で亡くし、現在は男やもめ。漁師たちの高齢化が進む中、日を追うごとに漁獲高が減っていく浜の窮状を憂い、「このままではいよいよ先がない」と内心危機感を抱いていたところに、ホテルの仲居として働く和佳の“ある姿”を偶然目撃。彼女の機転を認め、「浜を立て直してほしい」と頼み込む。

生来、真っすぐで情に厚い性格。周囲から頼られる親分肌だが、非常に見栄っ張りでもあり、「男とはこうあるべき」と格好をつけたがる癖がある。それが故に後に引けなくなったり、へそを曲げたり、癇癪を起こしてしまったり…といった扱いにくい面も。実は傷つきやすく、謝るのが苦手。良くも悪くも人間くさい男。

スタッフ

脚 本
森下佳子
演 出
内田秀実
小川通仁 ほか
プロデューサー
森雅弘
コメント
古い仲間から「こんな実話があるんだがドラマにできるかな」と相談を受けてから四年。森下佳子さんが、このストーリーに取り組んでいただける事になった時、「ファーストペンギン」は羽ばたく決意をしました!主演は民放GP帯連ドラ初主演となる奈緒さん。その実力も勿論、坪内さんにも通じる新しい時代の存在感が、ドラマをより希望に満ちたものにしてくれると確信しています。実話をベースに虚実まじえつつオリジナルな、新しい「サクセスストーリー」をお届けするべく邁進します!
森有紗
企画プロデューサー
武澤忠
チーフプロデューサー
三上絵里子
制作協力
AX-ON
制作著作
日本テレビ

トピックス

公式SNS

Instagram

あなたへオススメの番組