GO HOME~警視庁身元不明人相談室~

イントロ

あなたは誰? 必ず家に帰してあげるからね——— 身元が分からないまま発見されたご遺体は、 全国で2万体にのぼり、年々その数は増加しています。 ▼理科室の人体模型として発見された男性の人骨... ▼現金4000万円を遺して死んだ老人... なぜ、彼らは“名もなき誰か”として死ぬことになったのか!? ご遺体に残されたわずかな手がかりから、 死の真相を明らかにし、家族や恋人の元に帰すため、 女性バティが奔走! 警視庁に実在する部署をモデルに描く、 ありそうでなかった ミステリー×ヒューマン ドラマ!!

キャスト

三田 桜(25)/小芝風花 警視庁身元不明人相談室・捜査官
明るくコミュ力高めの25歳。
亡くなった身元不明者を家族や恋人の元に帰すため、上司が止めるのも聞かず突っ走る。
趣味は美味しいものを食べること。
天真爛漫に見えて、
実は意外な過去を持つ……

コメントはこちら

月本 真(35)/警視庁身元不明人相談室・捜査官
三田桜と同期入庁で10歳年上。
クールで冷静沈着。
性格も趣味もまるで正反対の桜とバディを組んで奔走する。
週刊誌の記者だった真が、この部署を志願した背景には、ある哀しい過去があった……

コメントはこちら

スタッフ

脚本
八津弘幸
佐藤友治
音楽
横山克
チーフプロデューサー
松本京子
プロデューサー
荻野哲弘
鈴木将大
本多繁勝
演出
菅原伸太郎
大谷太郎 ほか
制作協力
AX-ON
製作著作
日本テレビ

脚本・八津弘幸 コメント

八津弘幸

最初にこの企画を提案した時、じつは正直この企画は、民放の、しかも連続ドラマでやるのは難しいだろうなと思っていました。どうしても重いテーマになってしまうし、リアリティとエンタメのバランスなど、なかなかの縛りがあることは目に見えていましたから。
ところが何かのタイミングなのか、神様の気まぐれか、いやおそらくプロデューサーの並々ならぬ熱意のおかげで、ありがたいことにこの企画は動き出す運びとなりました。感謝します。感謝しますが、実際に執筆してみると……予想を超えて難しかったです(笑)
でも難しいということは、面白くなる可能性があるということです。
この簡単ではないテーマと向き合い、その上で皆さんに楽しんでもらえるドラマを作れたら、それは何か新しい物のような気がします。
現実世界で苦しんでいる人は確かにいて、自分でもどうすることもできない衝動に駆られて、最後の一歩を踏み出してしまう。できることならその一歩を踏みとどまらせるような、案外この世界はバカバカしくて素敵なんだと思ってもらえるような、そんな作品にできたらと、今も頭を抱えています。

トピックス

あなたへオススメの番組