コースマップ

往路

往路
1区
大手町~鶴見 21.3km
流れを決める1区
流れをつかむ上で重要な区間。1区での出遅れは致命的となるため、序盤から慎重な駆け引きが展開される。中盤までにペースを上げ隊列を大きく崩す年と、集団で牽制が続く年が五分五分。縦長のサバイバルレースから、17キロ過ぎの六郷橋に差し掛かるあたりで勝負の鐘が鳴る。集団を抜け出す、ラストのスプリント勝負は壮絶を極める。
区間記録
佐藤 悠基(東海大学) 
2007年(第83回) 1時間01分06秒
往路
2区
鶴見~戸塚 23.1km
花の2区
各校のエースが集い花の2区と謳われる区間。距離が長い上、13キロからの「権太坂」、ラスト3キロの連続する上り坂「戸塚の壁」、後半に2箇所の山場が控える。まさに精神力、体力、勝負勘、全てが求められる区間といえる。また駅伝の醍醐味である「ごぼう抜き」も期待される。20チーム参加大会では17人抜き(村澤明伸/東海大)が最多、23チーム参加大会だと20人抜き(ダニエル/日本大)が最多となっている。
区間記録
イエゴン・ヴィンセント(東京国際大学) 2021年(第97回) 1時間05分49秒
往路
3区
戸塚~平塚 21.4km
街から海へ3区
往路で最も気温差がある区間。前半10キロは遊行寺坂など海への下りが続く。浜須賀を曲がると海岸沿いの国道134号へ。左手に相模湾、正面に富士山を望む、箱根駅伝の中で一番の景勝地。89回大会の海風は強烈で防砂林の切れ目や17キロ過ぎの湘南大橋などで風の影響を大きく受けた。かつては"つなぎの区間"と呼ばれていた時代もあったが、近年は戦略的にエース級の選手を投入するチームが増えている。
区間記録
イエゴン・ヴィンセント(東京国際大学) 
2020年(第96回) 59分25秒
往路
4区
平塚~小田原 20.9km
海から山へ4区
ポイントは、4区だけで10個ある橋による細かいアップダウン。小さな疲労の積み重ね、さらに後半の箱根からの冷たい風が、終盤の伸びを失わせることもある。箱根登山鉄道ガードからの残り1キロは、中継所直前のランナーの前に壁のように立ちふさがる。レースの行方を大きく左右する重要な区間、各校の戦略が問われる。
区間記録
吉田 祐也(青山学院大学) 
2020年(第96回) 1時間00分30秒
往路
5区
小田原~箱根・芦ノ湖 20.8km
山上りの5区
大差のつく可能性が十分にある山上りの5区。「天下の険」箱根の山を一気に駆けのぼり、国道1号線最高地点(874m)からのラスト4.5キロは逆に下る難コース。風光明媚な景色とは裏腹に、突風や雪、凍結した路面…厳しい自然条件が選手たちを苦しめる箱根駅伝の看板区間。気象条件によっては低体温症などによるブレーキにも注意が必要。今井正人(順天堂大)、柏原竜二(東洋大)、神野大地(青山学院)に続く「山の神」は現れるか。
区間記録
宮下 隼人(東洋大学) 
2020年(第96回) 1時間10分25秒

復路

復路
6区
箱根・芦ノ湖~小田原 20.8km
山下りの6区
芦ノ湖をスタートし最初の4.5kmをのぼり切ると、あとは一気に標高差840mの“山下り”。最速100m14秒台というハイスピードでの下りは、選手たちの足に平地の何倍もの負担を強いる。記録を狙うには残り3キロが鍵。緩やかな下りがまるで上り坂に感じられ、時に痙攣を引き起こすほど選手の脚力を削りとる。下りでは危険を伴うことと、また早朝で気温の上昇も少ないことから給水はない。
区間記録
館澤 亨次(東海大学) 2020年(第96回) 57分17秒
復路
7区
小田原~平塚 21.3km
海風薫る7区
コースは起伏が少なく走りやすい区間だが、全10区間の中で最も気象の変化が激しい。スタートは山おろしの寒風が吹く小田原、それが海沿いでは海風に変わる。また小田原は山間でまだ日陰の9時、平塚へ到着する頃には陽も高い10時台。異なる2つの風、晴れれば急上昇する体感温度への対応と、まさに気象条件との戦いとも言える区間。
区間記録
阿部 弘輝(明治大学) 2020年(第96回) 1時間01分40秒
復路
8区
平塚~戸塚 21.4km
海から街へ8区
ここからレースも終盤へ…優勝、シード権争いの行方が見えてくる区間。海沿いをひた走る前半は海風が鍵に、浜須賀から海に別れを告げ内陸の街へ入っていく後半は残り6キロ地点に待つ遊行寺坂の上りが鍵となる。後頭部への陽射しが思わぬ脱水症状を引き起こし失速することもあり、過去には途中棄権もあった。96回大会では、22年ぶりに古田哲弘(山梨学院)が持つ8区区間記録を小松陽平(東海大)が破った。
区間記録
小松 陽平(東海大学) 2019年(第95回) 1時間03分49秒
復路
9区
戸塚~鶴見 23.1km
復路最長の9区
花の2区の裏返しで復路の最長区間。エース級が配される。スタート直後3キロの下りと、7キロすぎの「権太坂」が勝負を分ける。序盤にアップダウンが連続するため、チーム戦略によりオーバーペース覚悟で突っ込むのか、虎視眈々と力を溜めて入るのか…判断力と実行力が求められ、レースの大きなターニングポイントとなる区間。優勝争い、シード権争いとも、大逆転の舞台になることも少なくない。過去最多の繰り上げは60回記念大会の18校。中継所の中でもっとも劇的なシーンが展開される。
区間記録
篠藤 淳(中央学院大学) 2008年(第84回) 1時間08分01秒
復路
10区
鶴見~大手町 23.0km
最終10区
全長217.1キロを締めくくる最終区間。9人の汗が染み込んだ襷とアンカーの重責を背負って、神奈川・鶴見中継所から東京・大手町フィニッシュ地点を目指す。上昇する気温、復路2番目の長距離、突然吹くビル風などに選手たちは苦しめられる。最後は中央通り~日本橋を抜け、チームメイトが待つフィニッシュへ。87回大会は史上最小21秒差の優勝争いと史上最小3秒差のシード決着。89回大会は予選会からの復活優勝。そして前回97回大会は3分19秒差から駒澤大が大逆転優勝。数々のドラマを生んできた最終10区、最初にフィニッシュテープを切るのはどのチームか。
区間記録
嶋津 雄大(創価大学) 2020年(第96回) 1時間08分40秒