プレスリリース

一覧へ

2020年04月16日

新型コロナウイルス対策について

 日本テレビは新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、安全確保が難しいと判断されるバラエティ番組、ドラマなどの制作について4月6日から2週間の休止期間を設けておりましたが、現在の状況などを勘案し、この措置を当面の間、継続することといたしました。
 なお、番組制作に当たっては「新型コロナウイルス対策本部」が全社的に行っている検温などの健康管理徹底、感染防止の備品調達、リモートワーク強化等に加え、「番組安全対策チーム」が「密閉、密集、密接」を回避した制作現場の環境改善、「安全チェックシート」運用による安心できる制作体制の強化に努めており、一部の番組では通常とは異なる体制で安全確保の上、収録を行っています。
 報道・スポーツ・情報番組の制作に関しても、リモート出演、出演者数の見直し、スタッフの交代制などで、極力、関係者間の接触を避ける措置を進めた上で制作を行ってまいります。


以上
日本テレビ放送網株式会社 社長室 広報部