プレスリリース

一覧へ

2021年01月04日

年頭のご挨拶

 明けましておめでとうございます。
 2020年の日本テレビは年間個人視聴率三冠王を10年連続で獲得することが出来ました。生活者とスポンサーの皆様から支持していただいたことに心から感謝いたします。

 しかしながらこの1年はコロナの影響が社会全体を重苦しく覆い、企業経営の大きな枷となりました。広告収入の大幅減はもとより、番組収録やイベント開催、施設利用事業などにおいても大きな制限が課されました。
 未曾有の事態だからこそ「テレビは今、何ができるのか?」を考え続け、メディアとしての社会的責任を果たし、報道・情報番組は正確・信頼性を、娯楽番組は人に笑顔とエネルギーを与えることを目指しました。新しい日常の中での1回目と位置付けた「24時間テレビ43」を成功裏に放送できたことは大きな自信につながりました。

 日本テレビとグループ各社は、あらゆるプラットフォームで良質のコンテンツを放送・配信し、企業の公共的役割を果たすことはもとより、豊かな社会生活を実現するための事業にも積極的に取り組み、優れた文化の創造と発展に貢献するべく改革と挑戦を続けて参りますので、引き続きよろしくお願いいたします。

日本テレビ放送網株式会社 代表取締役 社長執行役員
小杉 善信