スペシャルコンテンツ

「イノセンス 冤罪弁護士」は
身に覚えのない罪=“冤罪”を
晴らすべく戦う弁護士たちを描いた物語。
偏見や誤解など、
冤罪を生み出すモノは身近に潜んでおり、
誰もが巻き込まれる可能性があります。
そんなドラマのテーマでもある
「あなたに見えているモノは
本当に真実なのか」に絡め、
トリックアートアーティスト
Mozuさんのトリックアートが
毎話ドラマのどこかに登場!!
さらに、本多修氏によるパラデル漫画を、
日テレ公式Youtubeで配信開始!

トリックアート

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

第1話で登場する
トリックアートはこちら!

六法全書に
まるで穴が開いているような作品
ドラマのどこに出てくるか登場するか
注目してみてください!

第2話登場作品はこちら!

第3話登場作品はこちら!

第4話登場作品はこちら!

第5話登場作品はこちら!

ジオラマアニメーターMozu(水越清貴)

1998年7月生まれ。東京都立総合芸術高等学校卒業。
コマ撮りアニメ、ジオラマ、トリックアートという3つの分野で才能を発揮する注目の若手アーティスト。
2017年10月、初めての作品集「MOZU 超絶精密ジオラマワーク」(玄光社)を出版。
2018年11月、2冊目の作品集「MOZUトリックラクガキ作品集」を出版。

パラデル動画

坂口健太郎演じる「黒川拓の作り方」、
配信スタート!

坂口健太郎演じる黒川拓は、
一見弁護士に見えない出で立ちだが、
執念と情熱、
そして『科学』を武器に、
冤罪を晴らすという奇跡に挑む弁護士。
そんな拓のキャラクター紹介動画が、
本多修氏によるパラデル漫画として、
日テレ公式Youtubeで配信開始!
本多氏がドラマとコラボした作品を
制作するのは今作が初めてとなり、
日テレドラマとしても初の試みとなる。

本多修(東京NSC12期生)

1983年4月15日生まれ、神奈川県小田原市出身。
「魂の巾着」というコンビで活動中。
パラパラ漫画を進化させた「パラデル漫画」を描くことが出来ます。
パラデル漫画とは、パラパラ漫画の紙から物やキャラが飛び出ることから、パラデル漫画と名付けた造語。