ITエンジニアの仕事

Engineering

現在募集中の「Webサービス/インターネット広告プロダクト開発PM部門」の詳細をご紹介します。

放送から配信へ、
テクノロジー×クリエイティブの最前線

地上波放送だけでなく、様々なコンテンツを制作および配信している日本テレビですが、Web領域のサービス展開や広告配信はまだ歴史が浅く、非常に少ない人員構成で多くのプロジェクトが動いているのが現状です。
インターネット領域のスキル・経験を持つエンジニアと放送領域出身のエンジニアが、その技術力を結集させ、切磋琢磨しながら放送を超える新たな事業の創出を本気で目指しています。
「日本テレビのコンテンツ制作力を活かしながら、ユーザーファーストなインターネット関連サービスを通して世の中をより良く、楽しくすること。」これがわたしたちエンジニアリング部門のミッションです。
そのために自由で自律的な組織を整備し、前例にとらわれない挑戦を日々行っています。

Culture

カルチャー

未開拓の分野を「企業内スタートアップ精神・組織」で切り開いています。良い意味で担当分野の境目がなく、プロジェクトも多種多様。権限移譲が進んでおり、自律的・主体的に動くことが求められます。
原動力は「世の中にないものをつくる使命感」。挑戦することが第一です。

Project

プロジェクト

01

動画配信事業における広告配信プラットフォームの開発

今後、売上が数百億円規模に拡大し、日本テレビの新しい事業の柱となる動画配信事業。その運用型広告配信プラットフォームを開発しています。
マーケティングやアドテクノロジーといった広告配信の技術開発部分はもちろん、放送局にしかできない配信手法や社外との取り組みなど、日本テレビにおける最適な広告配信の基盤を作るプロジェクトです。
また、日々の広告運用の技術的支援として社内向けの営業支援ツールの開発なども行っており、市場のニーズやプライバシーといった時代のトレンドを踏まえつつ、広告事業の拡大のために何が必要かを日々考え、日本テレビにとって最適なプロダクトの開発を目指しています。

02

日テレ新規事業におけるWebアプリ開発

日本テレビでは「VTuber事業」や「ドリームコーチング」など数多くの新規事業を行っています。そのWeb開発チームのリーディングはもちろん、チームビルディングやプロダクトロードマップの作成など、事業全体を支える存在です。これまでにないビジネスをテクノロジーの力で先導する仕事は、この上ないやりがいがあります。

03

番組連動オリジナルコンテンツの配信

TVerでの地上波放送の見逃し配信や同時配信、YouTubeなどでのスポーツのライブ配信はもちろん、オリジナルコンテンツの限定配信にも携わっています。例えば「日本アカデミー賞」では豪華な顔ぶれが集うレッドカーペットをライブ配信したり、「THE MUSIC DAY」では地上波と同時進行する「裏配信」を行ったり、「踊る!さんま御殿!!」の「ひとこと体験談」だけを24時間配信したり…。テレビ局のノウハウを活かした新しいコンテンツの配信を担っています。

04

番組連動Webサービスの開発・運用サポート

「高校生クイズ」のリモート予選で出場者が使用するクイズアプリなど番組内で使われる各種アプリや、番組と連動するWebサイトなどの開発・運用サポートを行っています。
特にコロナ禍以降の時代において、テレビ番組にもアプリやインターネット領域の技術が多く取り入れられるようになり、制作の現場でそういった知見が必要になることが増えてきています。番組のニーズを捉え、テレビ視聴者のためにエンジニアとしてテレビ番組の企画・演出に関わることができます。

05

NFTをはじめとした最新技術の技術支援

動画配信以外にもNFTやメタバースといった最新技術の技術支援も行っています。世の中に前例が少ないものでも、エンジニアの知見を注入しながら事業メンバーと密に連携しながらサービスを作っています。
今までのキャリアを活かしつつ、新しい技術領域にチャレンジしたいという思いがある方には、非常に刺激のある現場が待っています。

Organization

組織体制

ICT戦略本部は、プラットフォーム/コンテンツ・マーケティング/ビジネス開発/エンジニアリング/ビジネスソリューション/マネジメントというディビジョンに分かれていますが、ディビション横断でプロジェクトチームを作ってフレキシブルに動いています。その中で管理職でなくても「チーフ」という形で各プロジェクトを裁量と責任をもって進めることができます。

また、アプリケーション開発においては内製のものと社外に開発を依頼しているものがあります。いずれも開発のマネジメント全般を担っています。内製のプロダクトにおいては開発チームのビルディングから行います。必要があれば自分でコードを書くこともあります。

WORKLIFE BALANCE

ワークライフバランス

日本テレビではテレワークを導入しており、一日の勤務時間の中で、出社と在宅等のテレワーク勤務を組み合わせて仕事をすることができます。仕事と私生活の両立やワークチャンスの拡大によるモチベーションアップと生産性向上を期待して整備されており、業務内容、ライフスタイルに応じた働き方が可能です。
テレビ局というと昼夜逆転の生活のイメージがあるかもしれませんが、入社してから一般の会社とあまり変わらないことに驚く方も多いです。

Development Environment

開発環境(使用技術)

開発および開発のマネジメントと行っている主なプロダクトと使用技術は以下のようなものがあります。

事業またはプロジェクト(一部)

運用型広告配信システム
地上波見逃し配信プラットフォーム(Web/iOS/Android)
コンテンツ管理システム
広告入稿システム
ドリームコーチング
VTuberプラットフォーム
NFT/メタバース関連プロジェクト

開発言語

Java JavaScript Ruby Swift

フレームワーク

Spring React RubyOnRails

インフラストラクチャ

AWS GCP

DB/ミドルウェア

MySQL Nginx Redis

コード管理/CICD

GitHub jenkins

監視

CloudWatch NewRelic

支援ツール

Confluence Backlog Slack Teams

この部門の社員インタビュー
応募はこちらから