お使いのブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

TOPICS トピックス

2019.11.13 wed

新入社員の声 vol.30

新入社員の声 vol.30

PROFILE

スポーツ志望

法学部法律学科 安食 怜央 REO ANJIKI
私の学生時代!

大学のサッカー部で活動していました。格上の相手に勝った時やチームが優勝した時の爆発的な喜びを味わいたくて、ずっとボールを蹴ったり話し合ったりしていました。僕は良くて公式戦のベンチに入れるかどうかくらいの実力でしたが、声が枯れるまで応援することも楽しかったです。リーグ最終節に優勝を決めて、みんなでピッチになだれ込んだ瞬間は忘れられません。

安食_怜央_01.jpg

応援で1番口開けてるのが僕です。

Q.01

就活を始めたきっかけ、最初の志望業界は?

A

就活を始めたのは大学3年の秋頃です。周りの友達がスーツを着て練習に来ているのを見て、そろそろ始めないとまずいと感じて始めました。明確に志望する業界はなかったので、商社、金融、メーカー、広告、と様々な業界を見ていました。

Q.02

就活に向けて行ったことは?

A

OB訪問をたくさんしました。面接官の方は就活生の何を見ているのか?が気になって様々な業界の、様々な年次の先輩方にお話を聞かせていただきました。また、初対面の社会人の方と話すことに慣れたかったという理由もあります。家族や友達の親以外の大人、しかも初対面の方と2人でじっくり話す機会って、そうそうないと思います。緊張して当たり前。最初は、うまく話せませんでしたが、徐々にいい緊張感を持って自然体で話せるようになりました。

Q.03

テレビ局を志したのはいつ?きっかけは?

A

大学3年の冬です。良くしていただいていた部活の先輩がテレビ局に内定したと聞き、「そんな楽しそうな道もあるのか!」と思ったのがきっかけです。

安食_怜央_02.jpg

編成局宣伝部での研修!!

Q.04

採用審査の時、ES・面談などで心掛けたことは?

A

最初の一文、最初の一言、には気を使いました。分かりやすく、興味を持ってもらえる、そんな表現を心がけていました。あと、短くまとめることも意識しました。長々と話して一方的に説明しきってしまうより、短く話して、質問していただいて、と会話になるようにと意識しました。

Q.05

就活中に困ったこと&解決法

A

考えが迷宮入りして悩むことがありました。自分のやりたいことは?自分の特徴は?このESはどう思われる?面接でこの話はどう思われる?自分なりの結論を出しても、それは本当か?後悔はしないのか?と考えすぎてしまい、自信を持って語りきれない状態で選考を受けてしまうことがありました。解決方法は、「自分に正直」になること。周りがこう思うからとか、考えすぎないようにしました。そうすると、自分が本心でやりたいと思っていることを見つけることができ、どう伝えたら最大限伝わるだろうか?とポジティブな姿勢で選考に挑むことが出来ました。

Q.06

就活中の自分に今アドバイスをするとしたら?

A

「ここが勝負所!あと少し頑張れ!」と伝えたいです。最終面接に近ければ近いほど、落ちたときにへこみます。何が悪かったのか、どうすればよかったのか。何度か落ちると、ひどくへこみます。何もしたくなくなりますが、そこでもう少し頑張れるかで結果が変わると思います。

安食_怜央_03.jpg

音楽番組、楽器それぞれの音量を調整!難しすぎます。

Q.07

働く前と働き始めてからとで感じたギャップは?

A

様々な人がいるということです。テレビ局には、奇抜な人、派手な人、面白い人、何か国語か話せる人、何かで日本一になった人、ばかりだと思っていました。けど、そんなことはありませんでした。様々な人がいます。みんな違ってみんないいです。

Q.08

印象に残っている研修

A

内定者時代の個人企画研修です。自分の人となりを知ってもらうために、企画を立てて同期を招待するという研修です。機会がなかっただけで世の中には楽しいことがいっぱいあるんだなと感じました。焼酎の唎酒大会、本格中華作り、ドラム体験、空手の薪割り、卓球対決、模擬選挙ゲーム、ブレイクダンス、フリースタイルバスケ、まだまだ僕が参加できなかっただけで、他にも様々な企画がありました。この人達と働くことになるのかと思うとワクワクしました。

Q.09

就活生に一言!

A

「自分に正直」になることが大事だと思います。自分が本心でやりたいと思うことを考え抜いてぶつけてください!陰ながら応援しています。頑張ってください!!!!!

安食_怜央_04.jpg