お使いのブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

TOPICS トピックス

2021.07.07 wed

2021年 新入社員の声 vol.10

2021年 新入社員の声 vol.10

PROFILE

新規事業志望

経営学部・経営学科 卒 落合 聖仁  Ochiai Masahito
私の学生時代!

大して英語が達者なわけでもないくせに、横文字にまみれた怪しげな経歴を積み上げていました。ベトナムの新興企業でフィールドスタディをしてみたり、サンフランシスコ留学で超有名企業にアポなし訪問をしてみたり、外国人しかいないシンガポール企業でインターンシップをしてみたり。正直めちゃくちゃカッコつけています。正直めちゃくちゃモテようとしてます。正直めちゃくちゃ無理をしています。が、大抵のことは「気合い」と「根性」で乗り切ってきたような、意外と不器用で泥臭い人間です。もしかするとテレビ局への就職も、モテるためにカッコつけて背伸びしていた学生時代の延長戦なのかもしれませんが、それでもよかったと思っています。

インターンシップ先での健全な写真です。※ネットワークビジネスの幹部ではありません。

Q.01

日本テレビを志したのはいつ?きっかけは?

A

「え、日本テレビの採用に新規事業部門!?」留学先で日本テレビの採用HPを訪れた時でした。中三の夏、まだ純粋な青年だった頃、他局で放送されていたドラマに感化された挙句、「社長になりたい」と思うようになりました。それ以降、大学受験は経営学部以外一切受験せず、大学の友達に「一緒に起業をしよう」と誘って二度も断られています。この流れで、シリコンバレーに留学していた時(つまり、「自分で事業を起こしたい」と調子に乗りまくっていた頃)、ボストンキャリアフォーラムのウェブサイトで見かけたのが、日本テレビの採用HPでした。「テレビ局で新規事業ができるなんて最高じゃないか、親も喜ぶし」と思ったのがきっかけです。

Q.02

採用試験の時、ES・面談などで心掛けたことは?

A

自分が思い描く具体的なビジョンを、わかりやすく相手に伝えることです。「当たり前のことを偉そうに」と思われるかもしれませんが、これが意外と難しい。どの部門でも共通して「何をしたいのか」という問いは、必ず聞かれると思います。その際、”口頭”だけで全てを伝えるのは、あまりにも無謀すぎると思っていました(社会人ですら重要なプレゼンに身一つで乗り込む人なんていないのに)。そのため、「自分がやりたいこと」を”資料”にして面接官に配り、簡潔にプレゼンをしていました。「面接はこうあるべきだ」という固定観念をぶっ壊して、自分がやりたいようにやってもいいじゃないか、テレビ局だし!と完全にふてくされていましたね。

Q.03

印象に残っている内定者研修

A

内定者研修の年間個人目標「フォロワー1万人越えのTikTokerを目指す」です。これがまあ地獄でした。何時間もかけて編集した動画が誰にも見られない!思いがけないストレスから、気がつけば口内炎が8個できることも…(野菜が苦手なので元からできやすい)。そんなこんなで試行錯誤しているうちに段々とコツを掴むようになり、終了間際でなんとか目標を達成しました。当時は達成感と優越感に溺れていましたが、今はもう恥ずかしくてたまりません。すぐに別れて黒歴史を残してしまったカップルYouTuberみたいな心境です。当面の間は活動を再開する予定はありませんが、またコソコソと始めていたら、陰から応援していてください。

フォロワー1万人越えのTikTokerを目指していました

Q.04

入社前と入社後で感じたギャップは?

A

冗談抜きで「社食はかなり良い」ということです。私の実家は会社から一時間半の距離にあり、もとより実家暮らしの覚悟を決めていたのですが、入社二日目にして通勤が嫌になり、引っ越しを決めました。そうなってくると問題は炊事ですが、家で料理を作って待っていてくれる母親はもういません。そのため、自分で料理をしてみますが、これがまあ面倒くさい。そんな時、お手頃な価格で栄養バランスの取れた美味しい食事を毎日笑顔で届けてくれる社食のありがたみを知りました。こんなに助かるとは思ってもみなかったので、そういった意味でのギャップです。この場を借りて、お礼申し上げます。「社食の皆様方、いつも本当にありがとうございます」。

Q.05

就活生に一言!

A

ダメだったら何度でもやればいいと思います。これは同期にもあまり言っていませんが、私は日本テレビの採用試験を受けて一度落ちています。しかも、一次面接で。でも、今となっては新入社員としてここに名を連ねているわけですから、人生本当に何が起こるかわからないものです。だから、本当に働きたいと思える会社ならば、何度だって受ければいいと思います。以上、一度【落】ちて二度目で【合】格した、【落合】からのアドバイスでした!う~ん、後味が最悪だ!

大学の友人もいいけど、社会人の同期も仲いいぞォ~!