お使いのブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

TOPICS トピックス

2021.05.26 wed

2021年 新入社員の声 vol.04

2021年 新入社員の声 vol.04

PROFILE

バラエティ志望

工学研究科・都市環境工学専攻 卒 松原 凱人 Matsubara Kaito
私の学生時代!

学生時代は漫才をすることに熱中していました。アマチュアとして可能な限り結果を出すため全力を注いできました。そこで、プロの芸人に勝つため奇抜な台本のネタを量産しました。具体的には、相方が一言も発しないネタやこの世に存在しない言葉のみで笑わせるネタなどです。その結果、関西の学生漫才大会で準優勝、キングオブコント2回戦進出、R-1グランプリ2回戦進出に加え、所属の研究室で浮いたり、テニスサークルで「お笑いヤクザ」と言われたりしました。また、アルバイトでは予備校講師をしてきました。保護者ウケが良く「シュッとしてはるね」って言われまくりました。

毎年学祭で尖ったネタをしては、ファンが減りました。

Q.01

日本テレビを志したのはいつ?きっかけは?

A

小学2年生。それまではお笑い芸人志望でした。小学2年のある日、「本当にやりたいネタだけを続けても天下を取れないだろう」と感じました。小2で。だからこそ、「自分の夢をお笑い芸人に託し、間近で見届けたい!」と思ったことがきっかけです。また、就職活動開始直前に大好きな祖父が亡くなりました。その祖父は毎日巨人戦を見ていました。これまで祖父を喜ばせたいと思って生きてきたので、日本テレビが圧倒的に第一志望になりました。あーーーごめんなさい、設問2の時点で感動のエピソードを出すのは構成として違和感スゴイですよね。

大学院の入学式にて祖父と。この後怒られました。

Q.02

採用試験の時、ES・面談などで心掛けたことは?

A

自分が無意識に行っていたことやひらめきに近いアイデアを論理的に説明すること。そのために就活を早めに開始し、自分には不向きだと感じるコンサル会社のインターンに片っ端から応募しました。そこで論理的思考を身に付け、全ての物事に理由を付けるトレーニングをしました。この期間は心なしかモテなかったです。人間的に面白くなかったのでしょう。自分の中で努力したという自信のあるエピソードに関して、行動のきっかけや意図を言語化することで自ずと自信を持つことができ、堂々と話すことが出来ました。ただ、日本テレビの最終面接では緊張のあまり一人称が「ぼぼぼぼく」でした。

就活で辛さを感じたときは飼い犬と遊んでました。

Q.03

印象に残っている内定者研修

A

内定式です。この研修が入社同期メンバー全員と初めて対面する機会だったからです。その日の研修ではそれぞれが研修課題を発表する場でもありました。それまで何度も行ってきたリモート研修では、発表の際、周りの画面も音声も見聞き出来ないためウケているかどうか把握できませんでした。だからこそこの日の発表では全員のリアクションが見られて、安堵に近い喜びとともに「これからもよろしく」という感情が強くなったのを憶えています。「ZOOMで見た感じよりも身長が20cm小さいね」と言ってきた同期の名前はその時控えておきました。

リモート研修の発表で自作の一人二役漫才を笑い声ゼロの中配信しました。地獄かと思いました。

Q.04

入社前と入社後で感じたギャップは?

A

同期含め会社の人々のイメージが大きく変わりました。入社前というより内定前になるのですが、志望理由がほぼ全員「芸能人に会いたいから」といったミーハーな人々だと思っていました。その勝手なイメージがいろんな人と接していくにつれ、それぞれ明確な目標があり、話していて面白い人ばかりだなと思うようになりました。特に同期は身近な存在であり、自分にないものを持っている人がたくさんいるので、人間的に成長できる会社だと強く感じました。ちなみに自分は未だに芸能人の方と廊下ですれ違うと鼻息が荒くなります。

まずはアオイエリカさんで鼻息が荒くならない訓練を始めました。

Q.05

就活生に一言!

A

就活は運と縁!自分は採用の際に最も関わっていただいた人事の方との出会いがなかったら入社できていなかったと感じています。グループワークのメンバーが違っていたら?面接で質問内容が違っていたら?考え出したらキリがないです。ただ1つだけ言えるのは、なるようになる!ということです。背伸びせず、自分のありのままの姿を見てもらえれば何とかなります。自分にできることを確実にこなすことを意識してください。そうすれば“縁”ある企業に入社できるはず!頑張って!あと、もし僕の後輩になったら一緒にゴルフしよ!切実に募集中!

ゴルフデビュー時の写真です。今はめちゃくちゃ上手いです。