お使いのブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

TOPICS トピックス

2021.09.01 wed

2021年 新入社員の声 vol.18

2021年 新入社員の声 vol.18

PROFILE

技術志望

基幹理工学研究科 情報理工・情報通信専攻 卒 古田 貴也 Furuta Takaya
私の学生時代!

学生時代は勉強・サークル・バイトそれぞれバランスのとれた時間を送っていました。良い意味で自由に使える時間がたくさんあって今思えばもっと色々できたのではと若干の後悔もあります。(笑)院生になってからは、この二年間を無駄にしたくないという想いから研究・就活・バイトに明け暮れた生活で、今までで一番忙しく充実した時間を過ごしていました。特にサークルを引退してから新たに始めたウェブエンジニアの長期インターンがとても刺激的で、周りの優秀さに日々劣等感を抱きながらも向上心を持って取り組めた日々だったと思います。研究室の同期も尊敬できる仲間ばかりで、「人」に恵まれた学生生活を送れたと思っています。

福島で学会発表

高校から始めたバドミントン、大学ではサークルに所属していました!

Q.01

日本テレビを志したのはいつ?きっかけは?

A

明確に志すようになったのは修士1年生の夏です!当初は、大学で通信や放送について学んでいたこともありテレビ業界に対して興味はあったのですが、採用人数も少なく現実的な選択肢として考えていませんでした。転機となったのは初夏に開催された技術部門の説明会でした。仕事内容だけでなく人事の方や技術の先輩方の生の声を聞き、この環境で働けたら楽しく仕事ができそうだと直感的に感じました。それ以降も開催されるイベントには欠かさず参加し、本当に日本テレビが自分と合うのかを都度確認していました。就活をする上でどういう「人」と働きたいか重視していたので、並行して他社の先輩方とも会い、比較を通して志望を固めていきました。

Q.02

採用試験の時、ES・面談などで心掛けたことは?

A

最も心掛けていたことは面接官の立場に立って答えることです。そのために①相手の質問の意図を汲むこと、と②バックグラウンドを擦り合わせること、の二点を特に意識していました。実はこれらはゼミの発表でいつも意識していたことで、まさか就活で活きてくるとは思っていませんでした。論理的思考力や、コミュニケーション能力のアピールに多少ならずともなっていたと思います。あとは厳しい質問でも正直に答えることです。不利な回答でも、なぜそのように考えるのか、明確な根拠を言えることが大事だと思います。素の自分を見せた上で、自分を必要としてくれる企業に行けるのが一番良いと思っています。

Q.03

印象に残っている内定者研修

A

6月に課された個人目標課題です。9ヶ月かけて、一人一人今までしたことのない挑戦をしてその成果を就職前に発表するという内容です。私は日テレの新卒採用HPを自分なりに作りました。当初はウェブデザインを勉強したいという思いだけで、アウトプット形式は特に考えていませんでした。しかし人事の方々の後押しもあり、オリジナルのHP作成に取り組むことにしました。限られた時間の中でとことん考えてそれを形にすることは非常に面白い経験になり、今でもその創作意欲を持って色々と開発に取り組んでいます。また、同期の成果発表も強烈で良い刺激をたくさん受けられました。期待以上の経験を得られた研修だったのでとても印象的でした。

Q.04

入社前と入社後で感じたギャップは?

A

技術にすでに配属されているので、技術の部署について答えます。雰囲気面では想像していた通りでした!先輩方は皆勉強熱心で尊敬できる方々ばかりです。新人に対しても優しく指導してくださるので成長しやすい恵まれた環境だと感じています。仕事面では、入社するまでよく知らなかった内容が意外とあるという意味ではギャップがありました。しかしどの部署の仕事内容も番組の制作過程の一部を担っており、裏側のシステムを知れることは非常に面白いです。最近は、他部署に配属された同期の仕事を知ることで自分の仕事に対する理解も深まることもあり、いろんな部署が連携して日々テレビ番組を作り上げているのを感じています。

研修で中継車に乗りカメラマンの視点を体験しました!

Q.05

就活生に一言!

A

「なぜ今テレビに?」当初IT業界を志望していた私がずっと自問していた問いです。就活生時代にある先輩に尋ねたところ、「逆境だから面白いのでは」と仰っていました。その考え方に何だかしっくりきたとともに、大事なのは物事の捉え方と、それに対する姿勢だと思うようになりました。まだ入社4ヶ月ですが、今も自分の選択に後悔はありません!今後みなさんは大きな決断を迎えることかと思います。人それぞれ就活の軸にあたるものは違うと思いますが、各業界や会社へのイメージに囚われすぎず、自分がその会社の先輩方と働きたいと思えるか、そしてその先に楽しみながら働く将来像を描けるか考えてみてはどうでしょうか?応援しています!

大変さより圧倒的に楽しさを感じながら毎日仕事をしています!